teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


その12

 投稿者:へきみに  投稿日:2006年 5月14日(日)00時46分22秒
編集済
  4人で歩いていると市場に着いた、ピークは過ぎたがそれなりに賑わっている。セーラが市場に来るなり色々な人達が挨拶をしてくる・・・セーラは市場でも人気者らしい。可愛らしい外見と気品溢れる姿なので皆の憧れのようだ。
市場内を歩いているとピーターと出会った、来る途中ピーターの事を話したが、毎日セーラはピーターに買い物を手伝ってもらっているらしい。セーラはとても助かっていると話していた。
「おはよう!お嬢様!!」
「おはよう、ピーター」
「今日は何を・・・と、あれ?あんた達は・・・昨日の・・・」
「おっはよ!!ピーター君。昨日はありがとう!」
お礼を言うなぎさ、ほのかひかりも挨拶を交わす。ピーターが加わり5人で市場を回る。
一通り見て周るといつの間にかセーラの買い物カゴの中は野菜で一杯になっていた。
「いっ・・・いつの間に!!」
なぎさは驚愕し
「私も見習わないと・・・」
と、ひかりはセーラの買い物上手に感心した。

と、その時メップルが叫び出した!!
「邪悪な気配を感じるメポ!!」
「えぇ!?」
3人共周りを見渡す!空は紫色に変化し市場に居た人達がバタバタと倒れていく!
勿論、セーラやピーターも例外ではない。
「セーラさん!?しっかりしてぇ!!」
ほのかは揺さ振るが気を失いかけている・・・完全には気を失ってはいないようだ。
「どうしたんです・・・わたし?・・・空腹の・・・せい?」
周りの人達やピーターと違い完全ではないモノの意識があるセーラ。きっとほのかとの出会いや
能力が共鳴しているのだろう。
「セーラさん!!ちょっと待っててね!!」
セーラを静かに横たわせ、立ち上がるほのか、振り返るとビブリスが居た。
「フッフッフッ、ちゃんとその子を守っているじゃないか・・・だがコレまでだ!!ザケンナー!!」
ビブリスが叫ぶと近くにあった馬の繋いでいない荷馬車が見る見るウチにザケンナーへと変貌していく。
「なぎさ!ほのか!変身するメポ!!」
「うん!!」

『デュアル・オーロラ・ウェイブ!!』

手を取り合いプリキュアへと変身する2人。
「光の使者、キュアブラック」
「光の使者、キュアホワイト」
『ふたりはプリキュア!!』
「闇の力の僕達よ!」
「とっととお家に帰りなさい!」

不敵に笑うビブリス!
「フッ!行け!ザケンナー!!」
ザケンナーと叫びながらプリキュア達に襲いかかる。
「おりゃぁぁぁ!!」
と、拳を振るうブラックだが、市場の倒れている人達が気掛かりな為本気では出来ない。
「ひかりさん!!セーラさんとピーター君をお願い!!」
「はい!!ホワイト」
変身はしていないがひかりはセーラとピーターを守る。
ホワイトはザケンナーに飛び掛り足技を繰り出す!!
「ブラック!このまま市場の外に押し出しましょう!!ここでは戦えないわ!!」
「わかった!ホワイト!!おりゃぁぁ!!」
ブラックはありったけの力で拳を振るい、ホワイトは蹴りでザケンナーを押し出していく。
堪らず後に下がるザケンナー、ブラックとホワイトはザケンナーを押し出す事に成功した。
 
 

セーラを陰で支える理由

 投稿者:読売丸  投稿日:2006年 5月13日(土)13時48分56秒
   この地球上のどこかに“ゼンドーラル大陸”という幻の世界への扉がある。今まで数多くの冒険家や研究者がその扉を探したが、誰一人として見つけ出すことができなかった。しかしここ数十年前から、大西洋付近の海を航海中の船が突然姿を消すと言う事件が起きていた。人々は、「ゼンドーラル大陸に迷い込んだんだ」と噂をしだ。

 突然ですが、ここでゼンドーラル大陸について説明しましょう。ゼンドーラル大陸とは、異次元世界の大陸で、6つの国が存在します。
 東部の中心にどっかりかまえる“シャイアント帝国”、シャイアント帝国からそう遠くなりところに“ズワローン国”、海沿の楽園“ペイスタ王国”、西部で一番大きな“タイガーン教国”、西部南側に勢力を広げている“カンプ王国”、タイガーン教国とカンプ王国の間に“ドラッギン国”。以上6つの国が自らの国力を尊重し、たびたび激しい戦争を繰り広げている言わば“戦国時代”的な匂いがする大陸です。しかしそれは少し前の話。最近ではあまり激しい戦争をすることもなく、安定を保っています。

―ここはシャイアント帝国大広間―
 シャイアント帝国のジャビドゥーザ王は、王直属の部下である読売丸を呼び、こう命じた。
「読売丸よ、今日もまたあの“ミンチン女子学院”でセーラが悲しい思いをしている。行って元気付けてあげなさい。」
ん? また王様はあのセーラという子のことが気になる様子だ。前々から思っていたが、王様はなぜそこまであの子のことを気にかけるのだろう? と疑問に思った読売丸は王に尋ねた。
「あの、王様は以前よりミンチン女子学院で働いているセーラという子のことを気にされているようですが、なぜそこまであの子のことを気にかけていらっしゃるのですか?」
ジャビドゥーザ王はよくぞ聞いてくれたと言わんばかりに立ち上がり、静かに話し始めた。

「あれは、10年ほど前のことだ。我がシャイアント帝国は、西部のタイガーン教国の防衛艦隊を撃破すべく部隊を西に進めていた。当時私はシャイアント帝国第一特別進撃部隊の隊長を任せられていたが、その中に私に忠実で優秀な男がいた。その男こそ“ラルフ・クルー”セーラの父親だ。読売丸と同じように、ゼンドーラル大陸に迷い込んできたのだ。」
「な、なんですって!? ということは・・・」
「まぁ、最後まで聞け。タイガーン教国の防衛艦隊が陣を構える地点のそばまできたとき、私は少し考え事をしていた。ラルフをこのままずっとシャイアント帝国にいさせていいものか? 元の世界へ帰してやった方がよいのではないか? そんな中、背後から近づいてくるタイガーン教国の狙撃手が私に向けて矢を放ったのに気づかなかった。」
「た、隊長ー!!」
「とっさに私をかばいラルフは矢を受けたが、幸いなことに軽い怪我で済んだ。そんな彼の活躍もあり、我が第一特別進撃部隊はタイガーン教国の防衛艦隊を撃破したのである。」
 「当時シャイアント帝国を治めていたジャビグロス王はラルフの活躍ぶりを知り大いに喜びこう言った。」
「ラルフよ、今回のそなたの活躍は大きい。何か望みを叶えてやりたい。さぁ、申してみよ」
「それでは、この私が元の世界へ帰るのをお許しください。私はこのシャイアント帝国が大好きです。王様、それにジャビドゥーザ隊長の下につけて大変誇りに思っております。しかし私には妻と子、待っている人たちがいます。おそらく、私は行方不明になったと聞かされていることでしょう。しかし妻と子は私の帰りを信じています。」
「よかろう。そこまで申すなら仕方がない。」
 「それから数日もしないうちにラルフは帰ってしまった。長い間私に尽くしてくれた。本当に素晴らしい部下だった。」

 「あれから10年。運命とはなんとも残酷だ。ラルフに恩返しをしてやることもできずに病気で死んでしまったのではないか。」
「はい、聞くところによると、インドの奥地で熱病にかかったとかで。そして、父親が亡くなり一文無しとなったセーラさんが下働きにまわったと。」
「そこで、セーラを陰から支えることによってラルフへの恩返しと私は考えたのだ。今まで何もしてやれなかった。だから、せめてもの恩返しなのだ。読売丸よ、これから私と共にセーラを陰から支え続けていこうではないか。」
「王様のお気持ち痛いほど分かりました。そういうことならこの読売丸、全身全霊をもってセーラさんをお守りします!」

 セーラを陰で支えるという読売丸の重大な任務が、こうして幕を開けたのだった。
 
    (丘田けん) ご投稿感激です。
読売丸さまもついに仲間入りを果たしてくださりましたね。どうぞこの小説掲示板も博物館同様、ごひいきください。

なるほど、ラルフ氏は貴方の国を戦火から守った戦士だったのですね。そして今、貴方が亡き氏にかわってセーラ嬢を…。
納得です。
 

コンバンワ

 投稿者:へきみに  投稿日:2006年 4月16日(日)23時01分7秒
  ホントに久しぶりに小説を投稿しました!

中々仕事が忙しく、タマの休みは半分は寝ている状態です。
娘の為に仕事を変えたつもりが・・・前のドライバー時代
と変わらなくなってしまいました。

なるべく時間の取れた時に送りますので
また宜しくお願いします。
涼子も宜しく言っていました。

           でわでわ!
 

その11

 投稿者:へきみに  投稿日:2006年 4月16日(日)22時39分44秒
  セーラと軽く挨拶を交わし、隣の屋敷の馬小屋に戻って来たひかり。
「あっ、ひかりぃ!おはよう!!」
「おはようございます、なぎささん」
「ねぇほのか、ひかり!お腹減ったね!!」
と言っているにも関わらずほのかとひかりは聞いていない・・・
「どうだった?ひかりさん」
「いえ、異常はありませんでした」
笑顔のまま空いた口が塞がってないなぎさ・・・
「なぎさぁ、またそんな事言ってメポ」
「だってしょうがないじゃない、お腹は減るものよ」

しばらく経ってからなぎさ達は外へ出る事にした。
3人が外に出て通りに出た時、丁度セーラが学院の中から出てきた。
カゴを持っているところを見ると買い物に行くらしい。
「あっセーラさんが出てきたわ!」
ほのかが言うが、その途端になぎさは大きな声で挨拶した!
「おっはよう!!セーラさん!!」
ほのかは隠れる様に見守るつもりだったのになぎさの考えは違ったらしい。
その声にびっくりするセーラであったが、すぐ笑顔になり返事を返してくれた。
「おはようございます」
ホンのちょっと不機嫌そうな顔になったほのかであったがセーラの笑顔に癒された。
「セーラさん、何処かに行くの?」
「はい、市場にお買い物に行くんです。」
「市場?私達も一緒に行ってもいいかしら?」
「はい、いいですけど。お買い物をするだけですよ」
「構わないよ!私達は。ねぇ?」
そう言うと4人で市場に向かい歩き始めた。行く途中に色んな話をした
セーラの事は勿論だが、なぎさやほのか、ひかりの事も。セーラも
お父様の事から辛いながらも一緒に助け合って生きているピーターの事、
学院内の友達のアーメンガードやロッティの事など。
なぎさが気になっている子は一緒にメイドとして働いているベッキーと言う子らしい。
セーラ自身も昨日初めて会ったなぎさ達にも関わらず、色々な事を
話せた、セーラ自身も不思議な感覚であった、特にほのかには・・・
「どちらから来られたのですか?」
セーラの問い掛けになんて答えてイイのか解からなかったので機転の利いたほのかは
さすがに未来から来たとは言えない為『日本からの旅行者』という事にしておいた。
「まぁ、日本という国は以前本で読んだ事があります、黄金の国なんですよね?」
「黄金!?そんなのない・・・」
となぎさは言い掛けたがほのかが口を塞いだ。
「ええ!そう他の国の方にはその様に伝わっていますね!」
小声でなぎさはほのかに聞いた・・・
「なんで日本が黄金の国なのよ!?」
「なぎさぁ、習ったでしょ?始めて日本を訪れた異国の人は『金閣寺』を
見てそう言ったて!!」
「えっ!?そうだっけ?」
なぎさお得意のオトボケである・・・
メップルは思った・・・授業中寝ているせいメポ・・・と。

歩いているとちょっとセーラの様子がおかしい、少しフラフラしているようだ。
「セーラさんどうかしたの?」
「いいえ、ちょっと・・・」
「身体の調子が悪いの?フラフラしているみたい」
「ちょっと昨日から食事抜きにされてしまって・・・」
「えぇ!!何も食べてないの!?」
「はい・・・でも大丈夫です、慣れていますから」
こんな小さい子が空腹に耐えて仕事している姿を見てなぎさ達は本当に
気の毒に思った、なぎさはそんなセーラの姿をみて自分を反省した。
なぎさもお腹が減っているのは確かであるが、セーラは自分よりもお腹が
空いている・・・私が耐えられないハズがない!!なぎさは空腹に耐える
事にした、それでセーラを絶対に守ってみせる!!そう決意したのである。
 

その10

 投稿者:へきみに  投稿日:2006年 4月15日(土)23時50分46秒
  『セーラ見守り作戦』と言ってもそう大した事では無く、偶然を装い行動を共にし
セーラ達を守ろうとするだけであるが、ずっと一緒に居るワケにはいかない・・・
セーラ達は仕事をしているし会えるのは買い物時位である。
それにいつビブリスが襲撃してくるかわからないが、それまでずっと見守っている
なんて到底出来ないしその為には近くに寝床も見つけなければならない・・・
問題は山済みであった。
「とりあえず、セーラさん達を見守るにはそれなりの準備もいるし寝床も探さないと」
「でもなぎささん、近くにそのような場所は・・・」
「そうねぇ・・・ねぇほのか、何かイイ案は無い?」
「う~ん・・・」
普段は中々の策士であるほのかも何の宛てもない時代ではそう簡単にイイ案が浮ばない
まぁそうだろう。
その時なぎさがセーラ達が居る建物の隣が空き家なのが目についた。
「ねぇ・・・、お隣のお屋敷って誰も居ないんじゃない?」
「なぎさぁ!それはいくらなんでもイケナイわよ!!」
ほのかは止めるがなぎさは聞いていない・・・そうとう疲れている為に仲間の声も
聞こえないらしい・・・
さすがに屋敷の中には入れないので、仕方なく敷地内にある馬小屋で寝泊まりする
事にした。
整備されていないので汚いが、宛てもない3人に贅沢は言っていられない。
そこを拠点として動く事にした。
お腹はピーターに貰った果物で満たしていたので、すぐ眠りに着く事が出来た。

次の日、大あくびをこきながら起き出したなぎさ。ほのかとひかりはすでに起きている
「あっ・・・おはよ~ほのか、ひかり!」
「もうなぎさったら遅いわよぉ・・・起こしても全然起きないンですもの!」
「ごめんごめん!・・・あれっ?ひかりは?」
「ひかりさんはさっき外へ行って見回ってくるって!」
「ん~、なんだか刑事ドラマみたいね!」
「少し緊張を持ってよね、なぎさ!」

その頃ひかりはポルンを連れ辺りを散策していた、勿論セーラの居る建物の周りを
重点的にだが。
建物の正面玄関に差し掛かった時、扉の横に何か書いてあったのをひかりは見つけた

『ミンチン寄宿女子学院』

英語で書いてあったがひかりは読めた。
「学院?・・・ここって学校なの?」
ふと下をひかりが見るとどうやら地下があるらしく通りの歩道から1段下がる
ような構造の建物のようだ。その地下の部屋では太目のおじさんが食事の準備を
しているようだった、その手伝いでおばさんとなぎさが気になったと言う割烹着
姿の女の子が居た。
「あっ・・・あの子・・・」
その女の子は太目のおじさんやおばさんにかなりコキ使われている・・・
そんな時、地下の階段からあのセーラが大きなバケツを重そうに持って上がって
来る。
「うんしょ・・・ふう・・・あっ、貴方は昨日の・・・おはようございます!」
先に声を掛けたのはひかりではなくセーラの方であった。
「えっ!?あっ・・・おっおはようございます!」
慌てて返事を返すひかり、ポルンもつい返事をしてしまった
「おはようポポ!!」
「ポポ?」
セーラは不思議そうな顔をするが、すぐ笑顔に戻った。慌ててひかりは
コミューンを隠すようにするがセーラは気にしてはいない。
「あっ、その・・・昨日は助けていただいてありがとうございます、助かりました」
「いいえ、私こそ何のお役に立てなくて。それで、着けましたか?」
「えっ!?あっはい!!すごく近くでした」
ひかりは困惑していたが、このセーラという子はとても気立てが良く自分の事を
気を使っているというのがよく解かる。ひかりはセーラを心から『守りたい』と
感じていた。
 
    (丘田けん) 一気に緊迫感が高まってきました。
朝のあいさつを交わすセーラ嬢と
ポルンが何ともかわいらしい。
 

ジグゾーパズルに挑戦!

 投稿者:読売丸  投稿日:2006年 4月 9日(日)23時00分31秒
   小公女セーラ博物館よりやってきました。初めての書き込みです。
トップページにセーラお嬢様とベッキーのジグゾーパズルがありまして、さっそくやってみたのですが・・・・ 僕はけっおう苦手なのです。パズル
 完成させた方はどのくらいで完成させたのでしょうか? うぬ~ 絶対全部完成させてやります! 待っててください。お嬢様^^
 
    (丘田けん) 読売丸さま。いらっしゃいませ。
まずはパズルで遊んでください。
パズルの図柄は今回で3枚目なのですが、
過去のものは簡単だったらしく、早いお方は
10分もかからずに完成なさいました。
今回は難易度をあげたつもりです。
どうぞパズルを完成させた後は、貴方の
描くセーラ・ワールドをご投稿ください。
お待ちしています。
 

久しぶりのラビニア

 投稿者:くま  投稿日:2006年 3月 6日(月)19時13分1秒
  パズル第二弾、早速やってみました。見慣れた絵柄ではありますが、
こうして改めてラビニア嬢を見るとまた新鮮な気持ちになります。
セーラ熱、もはや治癒せず、の状態です。こうまで長引き、それどころか、
次々と合併症を引き起こすことに、我ながら驚き、感嘆し、そして喜んでいます。
次の案、実はあって資料も集めているのに、ずーっと手付かずの状態ですが、
まずは予告編でも作ろうか、などと考えてもいます。
近況報告でした。
 
    (丘田けん) パズルへの挑戦、大いに歓迎です。
くま様流セーラ、また期待しています。
ミンチン院長の哀愁たっぷりの物語は
私をして、院長への想いをころっと
変えさせてくださいました。
 

よろしくお願いします(^^

 投稿者:ranran  投稿日:2006年 3月 5日(日)20時02分11秒
  丘田さん、ranranのホームページに遊びに来ていただきまして
ありがとうございました!

早速ranranもお邪魔しにまいりました(^^
丘田さん、そして皆様の小説をまだ最初の部分でありますが読ませて
もらっています。
丘田さんの小説は本当にアニメの雰囲気が良く出ていて、セーラや
ベッキー達の姿を思い浮かべては、つい微笑んでしまうのです。
セーラと甲子園の話が特に気に入っております(^^

ranranもいずれセーラの小説を書けたらなあ、と思っています。
それでは。どうかこれからもよろしくお願いいたします(^^

http://www14.plala.or.jp/meigeki/

 
    (丘田けん) ご訪問感謝します。
返信も差し上げず失礼しました。
拙作をお読みくださっていることも
お礼申し上げます。
セーラ嬢には虎のはっぴを着て
甲子園で声援を送ってほしいと
思っています。
 

こんばんわ

 投稿者:へきみに  投稿日:2006年 1月21日(土)23時57分36秒
   お久しぶりですね、ここの所仕事に追われていて中々パソコン
自体を開く事も出来ない状況です。

 今回送ったのがやっと半分近くまで行った所でしょうか。
1年前なら仕事もそんなに忙しくなかったので毎日の様に
書き込めましたが、今年は中々上手くいきませんね・・・
筆が進まないのをご了承ください。
                 でわでわ
 

その9

 投稿者:へきみに  投稿日:2006年 1月21日(土)23時46分31秒
  「邪悪な気配を感じるメポ!!」
なぎさとほのかもメップルの声で我に返る、後を振り向くとビブリスが立っていた。
「やっと見つけたぁ!あんた一体どこに居たのよ!!こっちはあんたを捜し回ってクタクタなんだからね!!」
ビブリスは少し機嫌が悪そうに答える。
「チッ!先に見つけられてしまったか・・・まったく本当に邪魔な奴等だ!!」
「何よ!?どういう意味!!?」
なぎさはワケが解からない、しかしほのかは気付いたようだ。
「はっ!もしかして・・・・あの子達は!!?」
ビブリスは不敵に微笑む。
「今日の所は引いといてやる!せいぜいアイツ等から目を離さない事だな!」
と言い残すとまた消えた。
「あっ!!ちょっと!!また逃げンの!?待ちなさぁ~い!!」
なぎさの雄叫びも虚しくビブリスは居なくなった。

また静かな街になった。夜はあまり人通りがない・・・
「ほのかさん・・・さっき言っていた『もしかして』って何の事ですか?」
「えっ?・・・うん、これも推測なのだけれども・・・これ位しか思いつかないの」
「何?ほのか。何が思いついたの」
考え込みながらほのかは2人に話した。
「・・・あの2人セーラさんとあの割烹着を着た子は・・・私達の前世・・・かもって」
「えぇ!!!」
なぎさはありえなぁ~いという顔をしている。
ひかりもそんな感じだ。もちろんメップル、ミップル、ポルンも驚いている。
「なんで!?なんで解かったの?ほのか?」
「わかったというか、あのセーラさん・・・どうしても他人とは思えないの・・・私もよく解からないのだけれども、今までの闇の人の言動や私達の感覚。この世界に・時代に来た事・・・それらを繋げるとそうとしか思いつかないのよ」
「確かにほのかの言う通り、私もあの割烹着の子・・・以前会った事あるような、他人とは思えないような・・・変な気分なのよねぇ・・・」
「闇の人も目を離すなと言っていたし、私達はあのセーラさん達を見守っていかなければならないと思うの・・・」
なぎさは悩んだ顔をして思いついたようにはっきりと答えた。
「よし!みんなで守りましょう!あの子達を!」
「なぎさぁ・・・」
「それに元の世界の帰り方もわからないしとりあえず闇の人を倒さないといけないしね!それにもしあの子達が私達の前世では無かったとしても、アイツがセーラさんを狙っているのは確かな様だし!」
「そうですね・・・あの子達が闇の人の手に落ちない様に!」
ひかりもやる気だ。
「守ってあげるメポ!」
「そうミポ!!」
「みんなで守るポポ!!」
こうして3人とミップル達による『セーラ見守り作戦』が始まろうとしていた!!
 

レンタル掲示板
/30