teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


続きが楽しみ

 投稿者:木馬  投稿日:2005年 2月23日(水)00時18分10秒
  へきみに さまへ
作品を読んだ感想を聞かせていただきありがとうございました。
それにしても、予告編シリーズは、おもしろいですね。
以前、へきみに さまは、自分の作品は不真面目だと謙遜されていましたが、
題名だけで作品の内容を想像させ、読者を笑わせるというのは、真面目な作品を
書く事よりも難しいかもしれませんよ。
へきみに さまは、コピーライターの才能もあるのでは?
ちなみに、今まで発表された9本の作品の中で、私は「アメリア、回転寿司で大暴れ」が
一番笑えました。切れた状態のアメリア先生と回転寿司という組み合わせの意外性が
気に入りました。

涼子さまへ
小説を読ませていただきました。(半分以上はノンフィクション?)
入学式当日に校舎内で物が落ちてきたり、パトカーから降りてきたワイルドな少年が
クラスの同級生になるなど「事実は小説よりも奇なり」とはよく言ったものですね。
小公女セーラの登場人物を頭に描きながら、違和感なく、とてもおもしろく読む事ができました。
続きの公開をお待ちしています。

丘田 けん さまへ
セーラちゃんの小説HPは、今年も大盛況ですね。
個性豊かな作者の方々が、何名も次から次へと登場して下さるので、
セーラワールドは広がる一方ですね。
 
 

予告編シリーズ3

 投稿者:へきみに  投稿日:2005年 2月22日(火)22時49分2秒
   さぁーて来週の「小公女セーラ」は!?

 ラビニアよ! 
何よ!あなた達!この私に予告のナレーションをやれって
いうの!?いつからあなた達はこの私に命令できる立場に
なったのかしら?
 まっ、どうしてもというのならやってあげても良くって
よ!

 さて次回は、
 「ドルシラ、怒りの鉄拳」
 「クリステルが栗捨てる」
 「戦え!ミンチン女子学院!」
 の3本よ!

  来週もまた観なさいよ!
 何よ!?あまつさえジャンケンまでさせる気!?嫌よ!私は。
 

予告編シリーズ2

 投稿者:へきみに  投稿日:2005年 2月21日(月)22時10分21秒
   さぁーて来週の「小公女セーラ」は!?

 ベッキーでございますぅ!
セーラお嬢様ったら靴磨きの際、ラビニアさんの
ブーツに画鋲を20個程混入していたんですぅ!
ラビニアさんも負けず嫌いだから、無理して履い
て平然そうな顔をしていた、つ・も・りでしょうが
しっかり痛そうな顔をしていました!

さて次回は
「鋼のロッティ」
「ダイアナ、炎のラストラン」
「アメリア、回転寿司で大暴れ」
の3本ですぅ!

 来週もまた観てくださいねぇ!
うあ・うう! あっ・・呑み込んじゃったです・・・
 

コンバンワ

 投稿者:へきみに  投稿日:2005年 2月21日(月)21時56分14秒
   世界4コマ駄作劇場を見てみました!
面白いですねぇ!個人的には「犯人は私」と
「ゴミ箱」が好きですね! 
 
 俺は大好きです、ああいうの!
笑って気分もスッキリです!

 涼子の奴は俺にとってはセーラのような存在
(もちろん娘もですが)、だから働かなくても
いいよ!って言ったんですが本人がどうしても
ってんで、働くのを許したンですよ。まぁ俺に
止める権利も無いのでカミさんの意思に任せた
んです。
 終るのが夜中12時なので心配なんですけど
 

新しいジャンルへ果敢に挑戦を

 投稿者:丘田けんメール  投稿日:2005年 2月21日(月)00時15分12秒
  ★へきみに様へ

予告編シリーズ,理屈ぬきに笑わせていただ
きましたよ。
既成観念にとらわれることなく,貴方のセー
ラ・ワールドをその調子でどんどん広げてく
ださい。
このシリーズは,何本か数がそろったところ
で,html文書にして掲載しようと思っていま
す。
クッキングですか。それは名案ですね。
拙作の「2004」におけるセーラ嬢も,大好き
な人に自分の料理を食べてもらいたくて,一
生懸命ベッキーからお料理を習っている最中
です。これまですべてベッキー達メイド任せ
だったのに…。
セーラ嬢とベッキーの「3分クッキング・
コーナー」の連載,是非是非よろしくです。

「2004」を第五章までお読みくださり,心か
ら感謝申し上げます。
ムラタさんは本当にお気の毒でした。先の大
震災では,彼のように将来を悲観して自ら命
を絶たれた方が大勢いたと聞きます。そんな
悲報を聞くたび,セーラ嬢は苦悩するのです。
「私は余計なことをしているのだろうか」と
…。彼女のそんな心情をわずかでも汲み取っ
ていただけましたら幸いです。
「クルー・ファミリー」は,将来大人になっ
たセーラ嬢がそのような笑いの絶えない家族
をつくってほしいという,私の希望です。そ
う,早くして亡くなった両親の分まで,嬢に
は幸せになっていただきたい…。
しかし平和の神さまだけが嬢の元にやってく
るわけでは決してありません。
愛する母親の死を否応にも思い出させる悪魔
が第六章で舞い降ります。それも一度ならぬ
二度までも…。

へきみに様は何があっても家族のため,生き
て生きて生き抜いてくださいね。守るべきも
のがいる人間は強いですよ。

熱くなった頭は,拙作の四コマ漫画で冷やし
てくださいな。このホームページのリンク
コーナーから「Drei M Verschmelzen」へど
うぞ!


★涼子さまへ

貴方は専業主婦をしていらっしゃるとばかり
思っておりました。日曜日もお仕事とはたい
へんだろうと思います。日曜日のんびり暮ら
している私がちと恥ずかしくなってしまいま
した。
 

読みました!

 投稿者:へきみに  投稿日:2005年 2月20日(日)22時38分41秒
   木馬さんへ

 ベッキーとの再会とこじあけられた友情を読みました!
ベッキーとの再会はホッとさせられました、ベッキーにとって
セーラの行方がわからないのは心配で心配で堪らなかった筈、
そんな時、ピーターに教えられそれで会いに行き再会出来た事で
安心した事が伝わってきました。
 こじあけられた友情ではあの悪魔のミンチンが感情全開!
なんてヒデェ院長だと思い読んでいました。あの脅し文句は
本当にベッキーにとっては悲惨・苦痛! 家族思いのベッキー
になんて事言いやがる!と感じていました。
 木馬さんの次回の作品に期待しています!

 丘田さんへ

 「小公女セーラ2004」の中巻と「セーラとラビニア」を
読みました!特に印象に残ったシーンは中巻のセーラとピーター
とロッティの「クルー・ファミリー」!本当に親子の様に感じますね!
ほのぼの感が伝わってきます。
悲しい話は被災者の「ムラタさん」、大好きなセーラに置き換えて
いる事と舞台がニッポンという事で親近感が増す中、あのような悲劇
があると自分も当事者、セーラとピーターといっしょにあの場所に
いるような気になりました。
俺の子供の時に知り合いで自分の体の事で同じ方法で亡くなった人
を知っています、凄くいい人だったんですけどねぇ。
本当になんでそういう事を思い付くんだろうなぁ、俺はただの一度も
そんな気にはなった事はないんだけどなぁ。
 今だって俺自身も辛いし家族に迷惑をかけているでしょう、
だけど辛いからってそれを自ら実行しちまったら、あんた等は負けなんだよ!
セーラも言っていました「せっかく助かった命なのに」と。
 俺は何があろうと生き抜いてやる!家族を守り自分を守り娘が結婚して
一人前の女性になって家族みんなが安心してこの日本という国で暮らせるまで
俺は生きるぞ! と思ってしまいました。

 ちょっと熱くなってしまいましたね。

 そういえば、「予告編シリーズ」ああゆうのって
面白い題名、有り得ない題名をいえば面白いンですが
そういうのって仕事中にポッと思いつくモンなんですよね!
その時のメモれば、様々な題名を思いついてたんですケド。
 それとは別に「セーラの3分クッキング」とか思いついて
しまいました!
 
 

予告編シリーズ1

 投稿者:へきみに  投稿日:2005年 2月20日(日)17時43分45秒
   さぁーて来週の「小公女セーラ」は!?

 セーラです。
  今週から始まりました、「小公女セーラ」!笑いあり!笑いあり!笑いあり!
 それでいて時には笑いあり!!悲しい事などフッ飛ばせぇ!ついでにミンチン
 ブッ飛ばせぇ!!!
 これから始まる超ありえなぁーい!お話ばかりです!

 さて次回は!
 「ラビニア、初めてのお使い」
 「アーメンガード、教壇に立つ」
 「ジェシーの裏事情」
 の3本です!

 来週も観て下さいね! ジャンケン、パンチ!!
 

コンニチワ

 投稿者:へきみに  投稿日:2005年 2月20日(日)17時21分36秒
   丘田さんコンニチワです!

 カミさんは午後から仕事なので出掛けて行きました。
サービス業は日曜も仕事なので大変ッスよね?

 カミさんの書いた話をちょっと読ませていただきました。
俺は式には出ていなかったので物が落ちてきた事は体験して
いないんです。が、ロケットロータリーの話だとアレは花瓶ではなく
机と椅子が落ちてきたような・・・少し押さえて書いてンのかな?
まあ、カミさんがピーターをどんだけカッコよく書いてくれるのか
楽しみですよ! 

 お祝い記念に「予告シリーズ」をお送りしますね!
 

早くも波乱の予感…

 投稿者:丘田けんメール  投稿日:2005年 2月20日(日)15時01分12秒
  ★涼子さまへ

ご投稿,本当にありがとうございます。
何だか,冒頭から物語は波乱の兆しですね。
希望で胸を膨らませて入学式を迎えたセーラ
嬢たちには,これからどのような運命が待っ
ているのでしょう。
ハラハラ,ドキドキで,読ませていただきま
すね。

ご作品は
「小公女セーラAE  セーラ 運命の出会い」
というタイトルで掲載させていただきます。

個人的には,ラビニア嬢の登場がいつごろに
なるか,これまた密かに楽しみにしています。
 

2

 投稿者:涼子  投稿日:2005年 2月20日(日)11時13分23秒
  入学式から何日か経ちました・・・あの花瓶が落ちてきた一件以来何もなくセーラやベッキー、アーメンガードは一安心です。
「ねぇセーラ、あの時は怖かったわね?」
「そうね、アーメンガード。だけどあの日以来何もないからよかったわ」
「ホントでございます、セーラさんアーメンガードさん」
学校はたしかに治安が悪くあまりいい学校とは言えませんが、クラスは雰囲気もよくセーラ達はみんなとお友達になりたいと考えていました。 私達と同じようにクラスは何グループかに分かれている感じでした、入学式からそう日にちが経っていないため仕方ないことですが・・・

「そういえば、セーラ、ベッキー。このクラスの窓側の席、一つだけ空いている席あるよね?」
「そうでございますねぇ、アーメンガードさん。私もそれは気になっていました。」とはセーラが答える前にベッキーが答えました。
セーラは気付かなかった、たしかに席が一つ空いている・・・
「なんでかしら?誰か、来るのかしら?」
「でも、あの席は最初からありましたし・・・まさか登校拒否でしょうか?」
と話しているうちに、担任のアメリア先生が教室に入ってきました。
「皆さん、席についてください!」と声を上げる。その時アメリア先生は窓際の一つ空いている席を見て視線を出席簿に視線を戻す、セーラは少し気になりましたがすぐ授業に集中するのでした。
 
 さらに何日が経ち、セーラがベッキーといっしょに登校している時の事です、一台のパトカーがセーラ達を横切りました。それ自体はあまり気にはしなかったセーラですが、そのパトカーが校門前に止まったのでその事は気にならない筈がありません!
「どうしたのかしら?パトカーなんか。何かあったのかしら?」とセーラ
「本当にどうしたのでしょう?」ベッキーは少し不安顔です。

パトカーの運転席から警官が降りてきて、左側の後部座席のドアを開けると一人の男の子が降りてきました。背が大体165CMはある男の子、いでたちは太いズボンに短い学生服、Yシャツは着ておらずTシャツをズボンから出している。鞄などはなにも入ってないであろうというぐらいウスッペらい・・・一見するとかなりな不良学生・・・セーラはとても怖いというのが正直な気持ちでありました。ブツクサ言いながら校舎に歩いていく怖い人、その前は人が十戒の如く人が避けて行きました。 

 でもこのとても怖い人が今後色々の出来事で助けてくれるとは、この時のセーラにはまだ知るよしもありません。

 教室に入るとここ何日かでそこそこ話す様になった友達がアーメンガードと話していました、
「おはよう!みなさん」とセーラ
ベッキーも「おはようございますぅ!」という。
「おはよう、セーラにベッキー!」と皆口々に挨拶を交わした。アーメンガードが心配そうな顔でセーラとベッキーに話しかける、「ねぇセーラ、ベッキー!今日ね、入学式にも来なかった人がくるらしいわよ」ベッキーは「本当!?」と興味シンシンです。
 セーラはこの時・・・今朝の人でなければいいのだけれど・・・でも多分あの人は2年か3年の先輩・・・平気よねと正直思いました、がその思いは打ち砕かれるのでした。


 ホームルームの時間になりアメリア先生が教室に入ってきます、「起立・・礼・・着席!」と号令をかける、この時はまだクラス委員が決まっていないので順番にこの役割が回ってきます、大体こういうのは男の子は渋るものです。
 アメリア先生が口を開きます「えーっと、皆さんちょっと事情があって今まで登校してませんでしたが新しいお友達を紹介いたします・・・では入って来なさい」とアメリア先生。
みんなドヨメキますが、すぐに黙ってしまいます。セーラはその入ってきた生徒を見てハッとしました!そうです、セーラの嫌な予感が当りました・・・今朝のパトカーから降りてきたとても怖そうな人でした・・・・。
 

レンタル掲示板
/30