teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


続き

 投稿者:涼子  投稿日:2005年 2月27日(日)11時57分51秒
   セーラに声をかけた人物・・・セーラが振り返るとそこには2年生の怖そうな先輩が立っていました、「何してんの?」とセーラに話しかける先輩・・・セーラは「いえ、何でもないです」と言ってベッキーを連れて逃げようとしましたがセーラもベッキーもその先輩に捕まってしまいました!「まぁ寄ってけよ!」と言いセーラとベッキーを路地裏に連れ込みます、「は・・・離してください・・・」と勇気を振り絞って言いましたが先輩は聞いていません!ダイアナを怒鳴り付けている先輩がセーラとベッキーを見ると「おぉ、またカモがネギ背負ってきたなぁ!」と喜んでいます、それを聞いて他の先輩達は笑うのでした。
 路地裏に連れ込まれたセーラとベッキー!ベッキーはセーラを守ろうとかばうようにセーラの前に立ちますが、「お前等、横に並べよ・・・早く!」と静かに命令します、ベッキーも先輩の睨んだ目に脅えてしまい静かに言う事を聞いてしまいました。
 「とりあえず、財布出しなよ」と一番怖そうな先輩が3人に言いましたが、本当にお金を持っていないため、出せませんでした・・・5人の先輩が段々イライラしていくのがわかりました。そんなイライラし始めた1人の先輩が、「・・・お前等よ・・・今日家に帰れねぇよ!」と脅しました、それを聞いた3人は更に震えが出てくるのでした・・・「すっかりビビッちゃって、カワイイねぇ」とからかい5人の先輩が笑いますが、セーラ達3人は笑えません!当たり前です。「家まで押し掛けるか!?」ともう一人の先輩が言うと「おお!いいねぇ」と先輩達が賛成するのでした、セーラはお世話になっているクリスフォード叔父様に迷惑を掛けられないと思い、財布を出そうとします、だけど財布には何も入っていません。先輩が財布をイキナリ取り上げ中身を見ます!入ってないのを確認すると「やっぱ、家まで行くか!」と言われてしまいました。本当に怖くなってしまったセーラ達・・・早く逃げたい!・・・と思ったそんな時です!向こうの方から「キーーーン!!」と大声を上げながら走ってくる1人の男の子がいました、先輩達は「なんだぁアイツ!バカじゃね?」と言いました、セーラ達は今がチャンスと思いましたが3人共怖いのと走ってくる男の子を見るので精一杯です。その男の子は勢いを止める事無くこちらに走ってきます、「アーーーーーー!!」と言う台詞に代え寸前まで走ってくる男の子はなんとクラスメイトのピーターでした!先輩に向かい「アーーーーークス!ボンバーーーー!!!!」と叫んでピーターは先輩にアックスボンバーをお見舞いしたのです!!あっけに取られる先輩・・・・セーラ達も同じです、一撃をお見舞いされた先輩は倒れ込み気絶してしまうのでした。
「くだらないよ先輩・・・カツアゲなんてさぁ!」と普通に話すピーター、もう1人の先輩がピーターに掴み掛りますがピーターはその先輩の首元を手で掴むと「今日は帰った方がいいんじゃねぇの?センパイ!」と思いきり睨みつけています!迫力にビックリしてしまった先輩達・・・
「お前よ、たしかヨコヤマを蹴り飛ばした奴だよな?」と先輩が聞きましたが、ピーターは「誰?ヨコヤマって?知らねぇ」と答えました、先輩達は気絶している先輩をおぶり、「てめぇ、今度から見つけたら超ボコだかんな!」と怒鳴ります、ピーターは「上等じゃん!」と答えるのでした。やっと解放されたセーラ、ベッキーダイアナの3人は安心しきってその場に座り込むのでした。
 
 

コンバンハ

 投稿者:涼子  投稿日:2005年 2月27日(日)01時16分5秒
   丘田様へ

 よかったです、過激だと言われずに!
不良言葉は主人に色々聞いて勉強しています!

 ラビニアがお気に入りなんですか?
私はちょっと・・・です。すみません!
私の小説に出すラビニアは本編のラビニアより
恐いですよ!
 

事件

 投稿者:涼子  投稿日:2005年 2月27日(日)01時05分39秒
   ピーターが教室でケンカをして2日後、クラスの皆は少しピーターの事が怖くなってしまい、どうも前の様に話す事が出来なくなってしまいました。しかしピーター自身はそんな事お構いなしの様子です、セーラ達も皆と同じ様に話せなくなってしまいました。小学校からの友達は相変わらず話していましたが、新しく友達になったクラスメイトはそうはいきません。
 セーラは初めてピーターを見た日の事を思い出していました、そうあの日のピーターはパトカーから降りてきた事を。クラスに馴染んでお話が面白いのでセーラも忘れていましたが、あれはなんでパトカーから降りてきたのだろう?と疑問に感じましたが今更聞ける訳なく黙っていました。
 そんな折、ピーターと話してる生徒が問い掛けました、「ピーター、知ってるか?なんか2年の連中が1年にカツアゲかましてるって?」ピーターは即座に「知らないよ」と答えます。「前々からあったらしいけどここんとこよく聞くんだ、特に女子が狙われるらしい」と深刻な顔をしています、ピーターは「昔からこの学校の恒例だからな、カツアゲは」と詳しそうです。女子からカツアゲと聞きたくもない事がセーラの耳に入ってしまいました・・・嫌だなぁ・・・と不快に感じるのでした。
 その日の帰りのホームルーム時に担任のアメリア先生からそのカツアゲの話を聞かされました、「えーっ、皆さん、毎年の事なんですがこの時期になると2年生が1年生に恐喝するという事件が多発します。もし恐喝されるような事がありましたらすぐに報告してくださいね!」と少し当たり前のように話すアメリア先生、この様な事件は大概解決はされない・・・むしろ自分達で対処してくれと言わんばかりの対応です。セーラももちろんですが、ベッキーも不安でなりません!お金自体はお昼時に飲むジュース代しか持って来ていないので盗られる心配はないのですが、絡まれる事自体がセーラ達には問題なのです。不安に感じながらも家路に着くセーラとベッキーなのでした。
 あくる日の朝、いつもの様に教室に入ってくるセーラとベッキー「おはよう!」と元気良く声を掛けるがセーラの声に反応する生徒は少なかったのです、それは一人の女の子が教室の隅で泣いているからでありました!泣いている子はアーメンガードです!セーラは驚き思わず声を掛けます!
「どうしたの!?アーメンガード!何かあったの!?」と話し掛けます、アーメンガードはセーラに思わず抱き付いて泣きながら言うのでした「セーラ!私、2年生の先輩にお金盗られたの!」驚くセーラ、皆もクラスメイトがこんな目に遭ってしまったので心配でなりません、その日アーメンガードは1日中落ち込んでいるのでした。
 
 授業も終わり、家路に着くセーラ、ベッキー、アーメンガードの3人、未だに落ち込んでいるアーメンガードを宥めながら帰っていきます。「元気出してね!アーメンガード」とセーラもベッキーも応援しています、「そうね、いつまでも落ち込んでいられないわね!」と少しずつ元気が出るのでした。 アーメンガードと別れ、二人で通学路を帰っていると路地裏から怒鳴り声が聞こえてきました、ちょっと気になり路地裏を覗き込むセーラとベッキー、そこには2年生に恐喝されている1年生の女の子がいました!その子は同じクラスのダイアナでした!
「ねぇ、君ぃ!嘘を付いちゃいけないよぉ、君がさっき5千円持っているのを見ちゃったんだ!それをお兄さん達にくれればいいんだよぉ」とフザケながらダイアナを脅しています。
「私、本当に持っていないんです・・・許してください・・・」と泣きながら訴えていますが2年生は「君ぃ!さっきからいってるけどさぁ、優しく言っている内に・・・・とっとと出せや!!」
と大声でダイアナに更に怒鳴りました! ビクッとして震えだすダイアナ、それを見てセーラもビクッとしてしまいました。助けたくともセーラ達も怖くて動けません!と、そんな時セーラ達に声を掛ける人がいました。
 

いやいや,ますますワクワク

 投稿者:丘田けんメール  投稿日:2005年 2月26日(土)19時31分41秒
  ★涼子さまへ

>過激すぎますか?

何の,これしき。
真実は小説より奇なりですよ。
むしろ今後の展開が気になって気になって仕
方ありません。
アニメとはまた全然異なる雰囲気のピーター
に声援を送りたいですよ。
数ある登場人物の中で私がもっとも愛する
ピーターが,涼子さまの小説の中でどう動い
てゆくか,もう目が離せません。

ちなみに二番目に好きなキャラは,ラビニア
嬢です。
セーラ嬢ももちろん好きなのですが,私には
近寄りがたいところがありまして…(笑)

そんなわけで,涼子さま,続きをよろしくです!
 

過激すぎますか?

 投稿者:涼子  投稿日:2005年 2月26日(土)00時28分34秒
   コンバンハ、涼子です。

 ちょっと過激すぎたでしょうか?
でもこれは実際に起きた事なので正直に
書いたんですが・・・

 今度、送る回は何故ピーターがケンカが強いか?
何故パトカーから降りてきたかを説明するつもりです。
私はこの当時わからなかったのですが、ケンカが強い
のはちゃんと意味があったんです!それは主人の悲しい
過去でもあるのですけど・・・。でも主人はその悲しい
事すら笑い話にしていましたが!
 

 投稿者:涼子  投稿日:2005年 2月26日(土)00時16分9秒
   とある昼休みの事です、いつもの様にセーラ達がクラスの皆とピーターの話を聞いて談笑している時でした・・・廊下で2年生らしき人達がチラチラとクラスを覗いていたのです、それに一番早く気付いたのはベッキーでした。
「セーラさん、なにか怖そうな人達がこちらを見ているんですゥ・・・」とベッキー
「・・・本当ね?何かご用があるのかしら?」
「用があるというよりこちらを睨み付けているようなんですけどぉ・・・」とベッキーが怖がります、それもそうです実はセーラも怖かったのです。ピーターはそんな事お構いなしに楽しそうに話を続けていました、しかしその2年生の只ならぬ雰囲気が皆に伝わったのか段々クラスから笑いが消えていきました。
 
 それをチャンスと思ったのか、2年生が教室に入って来ました、教室の窓側のピーターの席に5人の2年生が近寄っています!他の生徒は2年生が怖くとうとう笑いも起きなくなってしまいました。ピーターが「あれ?みんなどうした?」とキョトンとし始めた時2年生が口を開きます。
「お前、随分とカッコイイ格好してんじゃねぇのよ?」と低めの声で言いました。
「そう!そうだろ!?昔からこういう格好したくてさぁ!」となんと2年生に敬語も使わずに話してしまったのです!しかしピーターはまるで怖がるどころか友達に話し掛ける様な態度でした。
それを聞いた2年生が少し怒った様に「てめぇ、敬語使えよ?」と言いましたがピーターは即座に「なんでぇ?」と普通に受け返していました、これを聞いて一番緊張が走ったのがこのクラスです!きっとピーターは2年生に殴られてしまう!と思いました、それで皆の予想通りすかさず殴られていました。ピーターは謝るだろうと思ったのですが、ピーターは謝るどころか立ち上がり睨み返しています!
「いてぇな、コラ?」と普段笑いを取っているピーターの顔付ではなくなっていました、ピーターの方が先輩達より背が高かった為完全に見下ろす様になっています。ピーターの周りを5人の2年生が取り囲みます、セーラ達は止めなくてはと思いつつも怖くてそれどころではありません!
きっとピーターは袋叩きに遭ってしまうと心配したセーラでしたが、その予想は完全に間違っていました! ・・・ドゴッ・・・ と鈍い音が響きました! なんとピーターが殴ってきた2年生を蹴り返して、倒してしまったです!あっけに取られるのは2年生だけでなくセーラ達クラスメイトも同じでした!倒れ込む2年生、完全にピーターを舐めきっていたので油断していた様で一瞬で意識が無くなってしまいました。
「こっこの野郎!」とピーターにかかっていきますが、でもピーターは慣れた様にヒラリヒラリと交わしていきます!交わした拍子にさらに蹴りを繰り出すピーター、完全にケンカ慣れしている様子です。
 ボンッ! ゴン! べキッ! と鈍い音を立てている教室・・・端の方では女の子が悲鳴をあげ、男の子も呆然と見ているだけの状況・・・普段の笑いの絶えない教室がその日は悲鳴が響いているのでした!
 もちろんそんな騒ぎを黙っておく程先生達も温厚ではありません、4人の先生がピーターを押さえこみます!
「お前!いい加減にしろ!」と先生がピーターに怒鳴ります!
ピーターは「こいつ等がケンカ売ってきたんだ!」と叫びながら、3人の先生に引き摺られ教室を出て行きます・・・残った先生が2年生に事情を聞こうとするとヨタヨタしながらも走って逃げて行くのでした。
 
 すっかり脅えてしまった、教室・・・セーラ達もどうしていいか判らずただ呆然とベッキーやアーメンガード達と顔を見合すのでした。
 

 投稿者:涼子  投稿日:2005年 2月25日(金)00時50分18秒
   朝のパトカーから降りてきた人・・・・凄く怖そうで正直同じクラスなのがとても嫌でした。

 その人の名前は「ピーター」、名前は凄くよい名前。でも授業が終るとそんな彼の前に人だかりが出来て行きました、どうやら小学校からのお友達みたいです!
「誰かと思ったよ!ピーター!」「イキナリ気合入ってきたなぁ!」ととても楽しそうにピーターという人の周りの人が話しています。休み時間なので、耳を澄ましているとピーターという人は特に威圧的な態度を取るのでもなく威張っている訳でもありませんでした。むしろ穏やかで無邪気に話している・・・そんな感じでした!
 休み時間ともなると彼の話聞きたさに時間が経つにつれ、人だかりが増えていくようでした、初めは怖がって近寄らず多分お友達にはなれないであろうと思っていたセーラですが、彼の話すお話がとても可笑しくベッキーやアーメンガードと少し離れた席で聞く耳を立ててはクスクス3人で笑っていました。
 何日か経つとクラスが今まで以上に雰囲気が良くなっているようでした、そんな時ピーターの輪の中にいる子が「そういえばセーラも本やお話が好きなんだよね?」とセーラに声を掛けてきました、ハッと少し驚くセーラでしたが「ええ!好きよ!」と返しました。
声を掛けてきた子の名はドルシラ、ドルシラが「セーラにベッキー、アーメンガード!こっち来なよ!お話しようよ!」と3人をピーターの輪の中に無理矢理入れました、アーメンガードはやっぱり、ピーターの風貌がちょっと怖く中々話せない模様でベッキーは反対にどんなお話を聞かせてくれるのかと少し興味シンシン!そんな中セーラがまだちゃんと紹介していないと思い挨拶をしました。「初めましてピーター君、セーラ・クルーです!」と言うとベッキーやアーメンガードも挨拶をしました、すると「おう!初めまして!俺はピーター!よろしく!」と威勢良く挨拶をするピーター、怖そうな外見とは裏腹にとても感じが良い人でした。

いつもはお話する側のセーラでしたが、ピーターのお話の場合セーラはいつも聞き側になっていました、ピーターはモノマネが上手く皆を笑わせています、けして声が似てるという訳ではないのですが雰囲気や特徴を掴むのが上手くて、特徴を少しオーバーに表現して笑いに持ち込んでいるという感じでした!「あの先生はいつも金魚みたく口をパクパクさせてんだよ!」とか「この先生は首をこんな風に振ってんだろ!」と言ってはその真似をして皆を笑わせていました!いつしかクラスの皆が彼の話に夢中になり、初めの印象とは違う印象になっていました。いつしかセーラ達も普通に話す様になっていました。時にはお腹を抱えて笑ってしまって授業中に思い出し笑いをしてしまったり、ピーターが嫌な先生の授業の最中にノートを切り取りそれに嫌な先生の似顔絵を書いて皆に廻していたりと、とにかく何でも笑いに持っていくのでした。そんな彼でも体育・美術・技術の授業はもの凄く真面目に受けていたので、普段のギャップの凄さも彼の面白さでした!
今思えばこの頃の学校が一番セーラ達やピーターにとっても一番いい頃だったのかもしれません・・・・そんなピーターを2年の先輩達が目障りと感じはじめているのでした・・・。
 

コンバンワ

 投稿者:へきみに  投稿日:2005年 2月24日(木)23時46分21秒
   丘田さんへ
 木馬さんへ

 楽しんでいただいてますか?
正直言って面白いかどうかわからなかった
ンですケド、面白いと言っていただけてよかった
です! 
でも俺の使うネタって殆どがパクリなんですよねぇ。

次はカミさんが送ると言っています。
 

予告編シリーズ4

 投稿者:へきみに  投稿日:2005年 2月24日(木)22時45分20秒
   さぁーて来週の「小公女セーラ」は!?

 私、ミンチンでございます!
今回はなぜこの私がミンチン女学院を設立出来るまでに
至ったかをお話したいと思います!
 アレは私が慈善学校を卒業をして・・・
(話が長いので!省略!!)
・・・・だったのであります! わかりましたか!?

 さて次回は
 「セーラのヘッドバンキング」
 「ベッキーのプジョー爆走!」
 「ラムダス、千里走る」
 の3本でございます!

  来週も観てくださいな!
 あなた方、さっきのお話はカットはしませんように!
 解りましたね!?
 

コンバンハ!

 投稿者:涼子  投稿日:2005年 2月24日(木)01時10分0秒
   木馬様へ

 読んでいただきありがとうございます。
あの話は設定以外は本当の出来事なんです
たしかに、主人が言う様に落ちてきたのは
机と椅子なのですけど。
花瓶にしたのは、いきなり凄い事を書くよりも
徐々に凄くした方がいいかなと思いまして。
 これから私達に起った事件をなるべく忠実に
書いていきたいと思います。
 ラビニア役で出さそうしている人はラビニア
より酷い人でしたけど・・・・・
 この人は私だけでなく他の女の子達も酷い事
をしていました、思い出しただけでもビクビク
してしまうくらいです。

 丘田様へ

 主人に前に働かなくてもいいと言われた
のですが、あれだけ自分のお仕事を寝る間
も惜しんで働いている主人を見て、呑気に
過ごしている自分が嫌になってしまいまし
て、働くようになったんです。
 でも働くとは大変な事ですよね。
 

レンタル掲示板
/30