teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


続き

 投稿者:涼子  投稿日:2005年 4月14日(木)00時14分14秒
   今日は海水浴の日です!セーラは楽しみで楽しみで仕方ありません!ベッキーも朝からずっとソワソワしてばかりです!セーラとベッキーはお弁当を作って持って行こうとしたのですが、夏なので傷む事を考えると持って行かない方がいいようです。
 早速セーラとベッキーは皆との待ち合わせ場所に向かいます、「お嬢様!本当にウキウキしますね!」「そうね!ベッキー!私も楽しみで仕方なかったのよ!」「でも、お嬢様。ミツオカ君は残念でしたね・・・」「うん、でも皆がいるからいいわ!」と話ながら向かっています。「あっ、セーラ!ベッキー!おはよう!」とセーラ達に声を掛けて来たのはダイアナでした。「ダイアナ、おはよう!」「おはようございます!」「セーラ、ベッキー今日は待ちに待った海水浴ね!絶好の日だわ!」とダイアナは浮れています。「うふふ、ダイアナは元気一杯ね!」と言いながら待ち合わせ場所の駅の改札口まで向かいます。そこにはすでにドルシラとピーター、ジョンの3人が待っていました。「おはよう!ドルシラ、ピーター、ジョン」「おはよう!」と声を掛け合います。取りあえず電車に乗るとピーターはすぐに寝ついてしまいました、「まぁ、ピーターったら!」「あぁ、ピーターはバイトからすぐ来たみたいだぜ、疲れてんだろ?」「新聞配達って大変なのね・・・」とセーラはこの歳ですでに過酷に働いているピーターを心配そうにしています。もちろんセーラ達はピーターを起こす事無く寝かせたままにしておきました。それと驚いたのはジョンのハシャギぶりです、6人の中では一番ハシャイでいます。それに便乗するように同じ席のドルシラとベッキーが楽しそうにしています。セーラとダイアナはピーターといっしょの席に座っていました。「ねぇ、セーラ・・・」「なぁに?ダイアナ」「ピーター君って好きな人いるのかなぁ?」それを聞いたセーラはドキッとしてしまいました、ピーターは相変わらず熟睡しています。「ダイアナ・・・大胆ね!隣で寝ているのに」「うん・・・起きてたら言えないね!」と微笑みます。「私ね、ピーター君の事考えると夜眠れなくなってしまう事があるの・・・昨日もよ、今日の事考えると胸がドキドキしてきてしまうのよ、こうやって隣に座っているだけでも緊張してしまうわ!」「そう・・・」「セーラは知ってる?ピーター君の好きな人って」「いいえ、知らないわ・・・」「そう、セーラなら私よりピーター君と仲が良いから話しているかと思ったのに」「ピーターはそういう事、まったく話さないものね!」「私は知りたい・・・ピーター君の事をもっと」ダイアナは横目でピーターを見ます。セーラは自分の気持ちがまたわからなくなっていました、ダイアナがピーターの事を好きと聞く度に自分の心が穏やかではなくなるのです。自分ではミツオカ君が好きだと思っていたのですが、ミツオカ君に対する気持ちとは違う何かがピーターには感じるのです。ミツオカ君にピーターの事を悪く言われた時、本当に機嫌が悪くなりましたし只の不良と思わないで欲しいとも思いました。そんな事を考えているとダイアナが言いました「セーラ、ミツオカ君って女子の間で凄い人気ね!後輩や先輩にもモテているみたいよ!」「そうなの!?」「そうよ!前なんか下駄箱に10通近くラブレターが入っていたみたいだし!セーラも頑張らないとね!」「うっ・・うん」「でも、悲しいのはピーター君の良い噂を聞かない事なの・・・野蛮とか不良とか・・・酷いのになるとカツアゲしてるなんて在りもしない噂まで起っているのよ・・・ピーター君の事知らないで!でも私やドルシラは解ってる!そんな人じゃないって」「私やベッキーも解っているわ、ダイアナ!勿論アンヌもね!」「セーラ!」ダイアナはセーラの一言を聞いて喜ぶのでした。 しかし、この海水浴でセーラはピーターの事を凄く怒らしてしまう一言を言ってしまうのでした・・・
 
 

夏休みの出来事

 投稿者:涼子  投稿日:2005年 4月10日(日)22時23分42秒
   アンヌと出会ってから2ヶ月は過ぎた頃、学校は夏休みを迎えようとしています!ベッキーは夏休みの後半は実家に戻る予定のようです「ベッキー、久しぶりに家族に会えるわね!」「はい!セーラさん!」ベッキーはウキウキしています、セーラはベッキーの居ない間どうやって過ごそうか悩んでいました。でもそれより、夏休み前半にベッキー、アーメンガードやダイアナ、ドルシラと共に海水浴に行くのでセーラはそれが楽しみで仕方ないのです!「海水浴、楽しみね!」「そうね、セーラ!私新しい水着買ったのよ、結構大胆なのよ!ちょっと冒険してみたの!」ダイアナは腰に手を当てウインクしながら1回転してみせました。「ダイアナ!そんな大胆な水着買ってどうするのよぉ?」とドルシラがからかいながら後ろから抱き付きました!「なっなによ!いいじゃない!!男の視線を釘付けにしてみせるわ!」「そんな事言って、見て欲しいのは1人だけなんでしょ!?」ダイアナは顔が真っ赤になってしまいました!セーラはそんなやり取りをみて微笑みました。 とうとう通知表を渡される時がやってきました!セーラはそんな中、ピーターを見てみました、去年もそうだったのですがやっぱり成績が悪くともそんな事まったく気にしていない感じです。ピーターが通知表を受け取り見ています・・・何故か震えています!?「なんじゃぁこりゃ!!!」ピーターがいきなり叫びました!渡したアメリア先生もビックリしました!「どっどうしたの!?ピーター君!??」「先生!!俺の体育の成績が下がってる!」ピーターは納得出来ない様です!この後、ピーターは体育の先生の所まで行くのでした。
 その帰り道「セーラはいいわね、頭いいから・・・私なんかまたクラス最下位よ・・・」アーメンガードは落ち込んでいます、「そんな、今度また頑張ればいいじゃない!」「だめだわ、私・・・頭よくないもの・・・」「まぁ、来学期からまた頑張りましょう!」とアーメンガードを慰めたのはドルシラです!ドルシラはクラスでは真ん中から少し下位の成績です。「それよりも、今度の海水浴!早く行きたいわぁ!」「本当ね!」セーラ達は今度の海水浴の事で盛り上がりました。 その夜、セーラの住んでいるクリスフォード叔父様のお屋敷にアーメンガードから電話がきました、セーラが取るとなんとアーメンガードが海水浴に行けないというのです!「えぇっ!?どうしてなの!?アーメンガード?」「ごめんなさい・・・今日の成績をお父さんに見せたら凄く怒ってしまって、短期学習講座に行く事になってしまったの・・・」「えぇ、なんとかならないの?」「無理よ・・・私だって海水浴に行きたいわ・・・でも駄目なの、ごめんなさい!」「ううん、仕方ないわ・・・でも残念ね、アーメンガードが来ないのは・・・」「ごめんなさい、私の分まで遊んできて!」「・・・うん・・・」「じゃあ、おやすみなさい」「おやすみ、アーメンガード」セーラは本当に残念だと思いました、電話でみんなに話すと誰かを誘おうとなりました!ドルシラの提案で男の子を誘おうという事になりました。思い当たるのはピーターにジョン、それとミツオカ君の3人です!取りあえずセーラはピーターとジョンに電話をしてみました、ピーターの番号は知っていますが、ジョンの番号はわかりません、そこで連絡網で電話番号を探し電話してみますが、セーラは男の子のお家に電話するのは初めてで緊張しています、ピーターとジョンは二つ返事で行く事になりました!後はミツオカ君だけです、セーラは思いきって電話してみました。「ミツオカ君のお住まいですか?私はセーラ・クルーと申しますが、ミツオカ君はご在宅でしょうか?」緊張しながらもミツオカ君を呼ぶセーラ「セーラさん?どうしたの?電話なんか?」「あのね、今度海水浴に行くのだけどミツオカ君も行かない?」ドキドキしながら尋ねます、「他に誰か来るの?」セーラは皆の名前を言いました、ミツオカ君は少し黙ってから「行かない、すまない。ピーター君が居るんじゃ行かないよ!」「なんで、行きましょうよ!ピーターは良い人よ!」「僕はねセーラさん、前にも言ったけど不良が嫌いなんだよ!特に勉強もしない彼が!」「そんな・・・」「遊んでばっかりじゃ彼の将来だって決まったようなものさ、ろくでもないチンピラになってみんなに迷惑かけながらその日暮らしがオチさ。」「ミツオカ君・・・」「セーラさんも彼に構わない方がいいよ!では、9月にね」「ええ、ごきげんよう・・・」そう言って電話を置きました。この時セーラは深く傷付きました、たしかにピーターは勉強はしません、やっている事もやりたい放題です。でも、ピーターは本当に優しい人なのです。ミツオカ君もたしかに優しいんですが、ピーターとは違う優しさなのです。ミツオカ君が普通の優しさならピーターは体を張った優しさなのです、実際1年生の時先輩からカツアゲをされた時だって体を張って助けてくれたのです!もしミツオカ君なら同じように助けてくれたの?ピーターの事をちゃんと知りもしないで”不良”と一言で片付けないでほしい・・・・・セーラはそう思いました。
 

ドーモですぅ!

 投稿者:へきみに  投稿日:2005年 4月 9日(土)21時38分31秒
   コンバンワ、丘田さん。
 俺の『セーラの3分クッキング』を掲載してくれて
有難うございます!しかも音楽付きで!
 自分で見た時、音楽が流れてビックリしましたよ!

 それと今日は嬉しい事がありました!その事は
「のっちさん」のホームページの掲示板に書き込んで
ありますよ!のっちさんは俺と同じで車好きなんですね!?
車の話の内容から察するとBMW辺りではないかと・・・
独車はあまり知らないんで・・・ポルシェ位しかわかりません
イタ車はもっと解りませんが・・・・
 自分は英車とアメ車と日本車だけですね・・・。

 なにはともあれ、掲載してくれて有難うございます!
 
    (丘田けん) のっち様のホームページへの書き込み、面白
く読ませていただきましたよ。デビュー、お
めでとうございます。
あそこでは、拙作の四コマ漫画を掲載しても
らっています。
私にとりましては、博物館に次いで居心地の
よいホームページです。

貴方のご投稿作品のうち、この次UPさせて
いただくのは、予告編シリーズをと考えてい
ます。「クッキング」とは順序が変わります
ことをご了承ください。

それにしましても、ご夫婦でご投稿してくだ
さっていることに改めて御礼申し上げます。
私もお二人に対してレスをつけることに
たいへん喜びを感じています。
 

コンバンハ

 投稿者:涼子  投稿日:2005年 4月 9日(土)21時21分40秒
   丘田様へ

 セーラちゃんのお弁当はですね、クリスフォード様の使用人
の方が作ってくれているんです。ちゃんと栄養バランスのとれ
た献立でとってもおいしいんですよ!
ベッキーちゃんのお弁当も同じ物です。

 私の設定では、セーラちゃんは身分を隠している
という事になっているのです。
 ダイヤモンド・プリンセスだと知っているのは、
ベッキーちゃんとピーター君だけなんですよ。
 本当はどの様にして繋げていいのかわからないの
であんまり考えない様にしているんです、すみません!

 それとちょうど「アンヌという子」は前回の回で終わりです
次回は「夏休みの出来事」をお送り致します。

 この後、主人がすぐ書き込みをするそうですよ!
 
    (丘田けん) セーラ嬢とベッキーのお弁当はク氏の使用人
がこしらえていましたか。
思わず、アニメに登場した英語のわからない
インド人が、ニコニコ笑いながらおかずをお
弁当箱に詰めている姿を想像してしまいまし
たよ。
セーラ嬢とベッキーが二人仲良くキッチンに
立つ姿も絵になりそうですね。
おっと、そうすると、ベッキーはお鍋をひっ
くり返しますかね(笑)

「アンヌ…」はおしまいで、次回から新章の
始まりですか。では、第三巻のUPは、新章
の完結を待つことにしようかと思います。
 

気になること

 投稿者:丘田けんメール  投稿日:2005年 4月 9日(土)16時16分10秒
  ★涼子さまへ

貴方の長編「セーラRE」を読んでいて、と
ても気になることがあります。

それはセーラ嬢のお弁当の中身です。ダイヤ
モンド・プリンセスがお召しあがりになるお
弁当の中身が気になって気になって仕方ない
のですよ!
そしてそのお弁当はいったい誰がつくってい
るのでしょうか…?
ベッキーでしょうか。彼女はセーラ嬢の専属
メイドですから、嬢のお弁当をつくっている
可能性は大ですよね。そしてその残り物で自
分のお弁当をつくっていましょうか。

ところで「アンヌという子」も20頁を越えそ
うです。この章完結後、第三巻としてUPさ
せていただきます。
 

コンバンハ

 投稿者:涼子  投稿日:2005年 4月 8日(金)23時14分0秒
   私も主人の「セーラの3分クッキング」読みました!
ホント、大笑いしてしましました!!
 主人は前々から「『魔法のご馳走』の食い方は病気で寝る事だ」
と言っていました!密かに「クイズ番組」の内容を聞いたんですが
これも大笑いできました!それと多分言ってもいいと思うのですが
「ちょっと、台詞を変えてみようシリーズ」とかあるみたいですよ!
 

続き

 投稿者:涼子  投稿日:2005年 4月 8日(金)23時01分40秒
   次の日アンヌはピーターにお礼をしようと考えました、何がいいのか解らなかったのでセーラ達に聞くことにしました。「先輩、ピーター先輩にお礼をしたいんですが何を差し上げれば宜しいんでしょう!?」「いいえ、アンヌ。別にお礼だけでも大丈夫よ!」「でも・・・」「ううん、感謝の言葉だけでピーターは喜ぶわ!」「そうですかぁ!!」アンヌはピーターにお礼の言葉を言いに行きました、しかしピーターは教室には居ませんでした。「あれ?・・・ピーターがいない・・・」「朝はいたのですが・・・・」とベッキーが言いました。「また、サボって逃げたのかしら?」アンヌはちょっと残念そうにしています、「アンヌ、今日のお昼は一緒に食べましょう!色々お話したいし」「はい!先輩、ではお昼に!」と言い自分の教室に帰って行きました。セーラ達はこの後のお昼休みにとても真剣なピーターを見る事になるのです!
 お昼休み、セーラ達とアンヌは中庭でお弁当を食べていました。「イイお天気ね!」「本当ですぅ!」ポカポカ陽気の中、ウトウトしているととてつもない大声のせいでセーラ達は眼が覚めました!「うらぁああああ!」「こなくそぉお!」「おりゃぁぁぁああ!」驚いたセーラ達は顔を見合わせ周りをキョロキョロしますが、どうやらその大声は屋上から聞えてきています!「この声、聞き憶えが・・・」「ピーターとジョンだわ!」セーラ達は2人がケンカをしているのだと思い止めに行こうとしました!「あの2人、仲良かったのになんでケンカなんか!?」「わからないわ!!」「でも元々は敵同士だったし!仲違いしだしだしたのかも!?」セーラ達は走りました!勿論、その声は他の生徒にも聞えていましたがみんな怖がって屋上に見に行こうとしません!セーラ達が駆け付けると、そこにはなんとピーターとジョンはバトミントンのラケットと卓球のボールで『バトピンポン』なるものをやっていました!中々白熱しています。必死にプレイをしているので、声を掛けられません!そんな中3年生の先輩が「うるさい!」と文句を言いに来ましたが、ピーター達は「うっせーなぁ!邪魔すんな!!」と反対に怒っています!諦めて帰って行く先輩達でした。 そんな白熱した試合はこれから20分は続いていました。試合が終わり大汗をかいたピーターとジョン、その2人にアンヌはジュースを買ってきました。「ありがとう、アンヌ!」「さんきゅーな!」ピーターとジョンはお礼を言います。「いいえ、私もお礼をしたかったんですよ!ありがとうございました!」ピーターは「俺、なんかしたかい!?」と尋ねます。「看板も作ってもらったし見張っててくれたじゃないですか、本当に嬉しかったです!」「そうかぁ、まぁ気にすんなよ!」とピーターは言ってくれました。アンヌはやっとちゃんとピーターにお礼を言えたので清々しい気分になったのでした!
 

有難うございます!

 投稿者:へきみに  投稿日:2005年 4月 7日(木)23時08分57秒
   いやはや、笑っていただいて光栄です!

 次は、前々から考えていた「セーラ司会のクイズ番組」
などを送ろうかなっと思っています。
 このクイズ番組の中でひたすらマトモな人間はラビニアだけです。
あのセーラでさえボケかましまくります、ちなみに俺自身も
プロデューサーとして出演するつもりです。

 それとちょっと前に送った「セーラの勉強」、地元の
単車好きのダチに見せたら転げ回って大笑いしていました!
あそこまで笑ってくれるとこっちも書いて良かった!と思いますね!
 

ひたすら笑いました

 投稿者:丘田けんメール  投稿日:2005年 4月 7日(木)00時30分46秒
編集済
  ★へきみに様へ

「セーラの3分クッキング」ご投稿ありが
とうございます。
さすが、これぞ「へきみに流」ですね。
お腹の底から笑わせていただきましたよ。ベ
ッキーがお鍋をひっくり返すというお約束の
シーンがオチなんて、最高っす!
ベッキーはやっぱり「ドジでのろま」でなく
ちゃいけませんね。
「魔法のご馳走」を味わう方法は「布団を敷
いて寝る」っすか。
なるほど! 納得です。
 

セーラの3分クッキング(その2)

 投稿者:へきみに  投稿日:2005年 4月 6日(水)20時43分2秒
  (3分クッキングのテーマ) 
 ティリティティティティ・・ティリティティティティ・・・・

 「こんにちわ!セーラ・クルーです!」 
 「アシスタントのベッキーです!」

セ・「前回は残念な結果でしたが、気を取り直して頑張りましょう!」
べ・「すみませんです、お嬢様・・・私がヘマをしてしまって・・・」
セ・「いいのよ、ベッキー!あんなモン!・・・まぁ『ワンピース』の
   サンジさんが見たら怒るかもしれないけど・・・、あの人も
   女垂らしだから許してくれるでしょう!」
べ・「はい!お嬢様!」
セ・「では今日は私達に幸せをくれた『魔法のご馳走』を作ってみましょう!」
べ・「えぇ!!あの魔法でございますか!?嬉しいですゥ!!」
セ・「じゃあベッキー!コレを読んでくださる?私が作業をするから!」
べ・「はいぃ!お嬢様!・・・ええっと・・・」
      紙を手に持つ
べ・「・・まず、用意する物は、クリスフォード様1人?・ラムダスさん1人・インド人2人の
   4人です・・はぁ?・・それで、布団を敷いて寝ます・・・・えっ・・寝る???・・・」
      布団を敷き寝るセーラ
べ・「この時、熱が出ているとより一層おいしく召し上がれます・・・・、そうしますと、クリ
   スフォード様が心配しだします・・・」
      心配するクリスフォード
べ・「心配するとクリスフォード様がラムダスさんに見に行くように指示を出します・・・」
      指示するクリスフォード
べ・「寝ている姿を見てからラムダスさんがその状態を報告に戻ります・・・」
      報告するラムダス
べ・「そうすると、ラムダスさんは『魔法のご馳走』を作って持って来てくれます・・・」
      持ってくるラムダス
べ・「これで『魔法のご馳走』の出来上がりです・・・・えぇ!なんですか!?コレ!??」
セ・「さぁ!ベッキー!頂きましょう!」
べ・「・・・はい・・・お嬢様?・・・」(疑問を持つが食ったら忘れたベッキー)
セ・「さて、みなさんもご家庭でお試しくださいね!
   もう一度、用意する者の内容です!
   用意する者
   ・クリスフォード様1人
   ・ラムダスさん1人
   ・インド人2人
            以上です!」
べ・「コレだけであの『魔法のご馳走』が味わえるのですね!?」
セ・「そうよ!ベッキー!では今回はこれで・・・」
      2人共深々とお辞儀をする

(3分クッキングのテーマ)
 ティリティティティティ・・ティリティティティティ・・・・
 (番組終了!)
    
 

レンタル掲示板
/30