teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:65/296 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

再会

 投稿者:くま  投稿日:2005年 8月16日(火)23時24分16秒
  通報
  メープル様
「マリエットの再会」読みました。短いながら、本編のあの場面、あの台詞が
凝縮されていて、本編全てを見てなくても、ある程度ストーリーを知っている人なら、
ホロリとさせられます。
特に、依然分かれたときとは違ってボロの服ではなく、プリンセスとなっていた、
という辺り、私もマリエット同様、じーんと感じてしまいました。
当時のロンドンの町の地名の出し方にも、英文学専攻ならではの裏づけが感じられます。
拙作「ミンチン院長のクリスマス・キャロル」を見ていただき、有難うございます。
ディケンズの「クリスマス・キャロル」を卒論にされたとは羨ましいことです。
本当は原書にも目を通したかったのですが、時間の都合がなく、大胆にやったので
心配ですが、いろいろ原作部分からの細かいパロディも笑ってくだされば幸いです。

へきみにさま
子供時代、かつてされていたことを、逆に大人になるとしてしまうのではないか、
と考えることがあります。恐らく、ミンチン院長がしていたセーラへの
仕打ちのかなりは、以前、自身が体験していたことでしょう。
思いついたネタは、中途半端でも文章化しておかないといけないなあ、と
今回のを書いていて思いました。
折角のいいアイデアも頭の中にいれたままだとその内、忘れてしまうのですね。
セーラ用の創作ノートを新たに用意しました。
 
 
》記事一覧表示

新着順:65/296 《前のページ | 次のページ》
/296