teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:110/296 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

続き

 投稿者:涼子  投稿日:2005年 4月26日(火)23時02分16秒
  通報
   仲直りしたセーラとピーター、この後みんなで楽しく遊びました。しかし楽しい時とはあっという間に過ぎてしまうもの、もう帰らないといけない時間です。「もう帰るのかぁ、もっと遊びたいな!」とジョンが残念がっています。「うふふ、また遊びに来ましょうね!」とベッキーが答えました!着替えて帰りの電車に乗って帰っていますがみんなが和気藹々と話していてもピーターはあまり喋らず過ごしていました。セーラはそんなピーターを見て私のせいと思ってしまいました、でも本当はピーターは「腹減ったなぁ・・・」と思っているだけだったのです(本人談) 
 地元の駅に到着しそれぞれ帰って行きます、ダイアナは知り合いの家に用があるというのでここでお別れしました!「じゃあ、新学期にね!みんな!」と言いピーターを横目に見ながら帰って行きました、ジョンは商店街に買い物に行くと言って行ってしまいました。ドルシラはお母さんが車で迎えに来てくれたので乗って行ってしまいました、残ったのはセーラとベッキー、ピーターの3人です、3人は途中まで一緒に帰って行きます・・・セーラは黙っているピーターはまだ怒っているものだと思い、また謝ろうとします「ピーター、今日は本当にごめんなさい!」「?・・・何が?」「今日の事で・・・」「ん?・・・・あぁまだ気にしてたの?いいよもう!」ピーターは笑顔で答えました!いつもの分かれ道に着きました、ピーターは「送っていくよ!もう遅いもんな!」と言ってくれましたがピーターのお母さんが心配していると思い断りました。もう時間は8時を超えています、セーラは急いで帰る事にしました!「お嬢様、遅くなってしまいましたね!?これではクリスフォード様もラムダスさんもご心配していらっしゃいますね!」「そうね、ベッキー!早く帰りましょう!」セーラとベッキーは早足で帰ります。帰り道に林があるのですがセーラはこの林があまり好きではありませんでした、雰囲気がとても嫌だったのです。「ここはとても嫌な雰囲気だわ・・・ベッキー早く行きましょう!」とセーラは言いましたがベッキーの返答がありません、セーラは振り向きましたがそこにはベッキーの姿がありませんでした!「ベッ・・・ベッキー?・・・」とセーラが尋ねてもまったく答えが返ってこないのです!!そんな時セーラの背中に寒気が来ました!セーラが振り向くとそこには背広を着た会社員らしき人が立っていたのです!「あっ・・・あの・・・何か?・・」とセーラが尋ねた時です!何者かがセーラの口を塞ぎ抱きかかえました!!「んーっんーっ!」セーラは何が起こったのかがわかりません!?セーラは引き摺られながら必死に抵抗しましたが、大人2人には敵わず林に連れ込まれてしまいました!!「フフッ、中学生だね?この子は」「そうだね、一緒に居た子も同じ位だね?」と大人達が話しています!「一緒に居た子?・・・ベッキーだわ!!」とセーラは心の中で思いました。しかしベッキーも心配ですが、セーラ自身この大人達に何をされるかわかりません!セーラがもがいているととある看板が眼に入りました!『痴漢に注意!!』の看板です!!「まさか?この人達は痴漢!?」セーラは自分が痴漢に会うとは思ってもいませんでした!しかし今現実に遭遇しているのです、セーラは「助けて!」と叫びましたが口を塞がれている為声になりません!!人目に付かない所に連れ込まれてしまったセーラ!そこにはもう1人の大人がベッキーの口を塞ぎ、羽交い締めにしています!ベッキーも暴れていますが相手は大人、とても敵う筈がなくもがくだけです!セーラとベッキーは3人の大人に捕まってしまいました!「2人共可愛いね!?どんな事しちゃおうかなぁ」と背広を着た大人が怪しい笑顔でセーラの顔を見ながら言いました!「嫌だ・・・怖い・・・助けて!」セーラは声にならない声で言いましたが反対に大人達はそんなセーラやベッキーの表情を見て喜んでいる様にも見えたのです!1人はベッキーを羽交い締めに、もう1人はセーラを捕まえていて、背広の大人は自分の鞄を探りながらニヤニヤとしていました!セーラ達は「これから私達どうなってしまうの!?」とこれから起こる事に恐怖を感じて涙が出てきました!
 
 
》記事一覧表示

新着順:110/296 《前のページ | 次のページ》
/296