teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:141/296 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

続き

 投稿者:涼子  投稿日:2005年 3月27日(日)11時29分36秒
  通報
   アンヌと知り合ってから、セーラとベッキーはこれからお昼休みはアンヌといっしょに花壇のお手入れを手伝う事にしました。たしかにお花が咲いていればみんながくつろげると思ったからです、そんな姿を見てからか確かにお昼休みの中庭は日向ぼっこや談笑の場、お弁当を広げる子まで女の子達が集まるようになっていました。「アンヌ、よかったわね!みんなあなたのお世話したお花のおかげで和んでいるわ」「いいえ、先輩方がお手伝いしてくださったおかげです!」「でも、これを機に学校が変わってくれればいいわね、今は小さな事だけどこの小さな事が積み重なれば大きくなるわ!学校が変われば、アンヌあなたは功労者よ!」「そんな、功労者なんて・・・私はそんな・・・恥ずかしいです」と顔が赤くなってしまいました。そんな時、昇降口から思いきり走ってくる生徒がいました!それはピーターとジョンです!この2人は去年の事件以来仲良くなったらしいです。「ピーター!何をしてるの?」「あっ、セーラ!次、数学じゃん!あの先生、絶対俺に問題解かそうとするんだよな!嫌だからフケる!」「ピーター、ちゃんと勉強しないと!」「足し算引き算掛け算割り算出来るから平気だよ!」セーラはちょっとふくれ顔で「じゃあ、ジョンは?クラス違うでしょ!?」「俺は只のサボり!」「・・・・同じじゃない!!」「ははっ、セーラ!いいツッコミだぜ!」と言いながら全力で走って逃げていくピーターとジョンでした。ベッキーは「やっぱりピーターさんは変わりませんね!」「本当ねベッキー、しょうがないわね。後で困るのは自分達なのに・・・」セーラは勉強しないピーターとジョンが心配でした。アンヌはセーラの後ろで固まっています、セーラはそれに気付き尋ねます。「どうしたの?アンヌ」「・・・あの、あのお2人はお知り合いですか?」「ええっ、お友達よ!」「あの・・・なんだか怖い人達ですね・・・」セーラはそれを聞いて思いました、たしかにあの2人はお友達ではあるけれども端から見れば怖いかも・・・・慣れてしまったのね・・・と。「アンヌ、あの人達は外見は怖いけど、面白くて優しいのよ!私も1年生の頃助けてもらった事があるし!」「えっ?そうなんですか?・・でも・・」「大丈夫!あの人達の優しさは保証するわ!」「先輩が言うのであれば、間違いないですね!」とアンヌは安心するのでした!  
 
》記事一覧表示

新着順:141/296 《前のページ | 次のページ》
/296