teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. このアニメ大好き!(88)
  2. カープ及びプロ野球(6)
  3. パープルファミリー音楽室(9)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


MR.BIG

 投稿者:ムーディメール  投稿日:2011年 4月15日(金)10時16分10秒
返信・引用
  MR.BIGの名古屋公演へ出掛けてきました。

LIVEは定刻に「 Undertow 」で幕を開けました。
エリックの英語のMCはよく分かりませんが「ガンバッテクダサイ!」と
言っているのが分かりましたね。
日本に向けた「THE WORLD IS ON THE WAY 」は素晴らしかったですね。
チャリティCDとして会場で販売されていますので欲しい人はどうぞ。
私は買わなかったですけど・・・。(爆)
アンコールでの楽器をシャフルしての演奏 および
ビリー シーンのサックス演奏など やはり凄いなぁ!と大感激。
きっちり2時間で終え 終電のひとつ前の列車に乗れたのも
嬉しかったです。
初来日の大阪公演を体験していますが 今回 日本での
100公演を超えると云う事で何よりです。
でも4人とも凄く元気なので200公演300公演を
目指してLIVEを続けて欲しいですね。
次の来日時もLIVEに行きたいと思いました。
2時間を短く感じましたね。



MR.BIGのメンバーより被災された方々へのメッセージ
http://www.youtube.com/watch?v=001LC6F0Rtw&feature=related

MR.BIG / THE WORLD IS ON THE WAY
http://www.youtube.com/watch?v=qVlXoP4Gwi8&feature=player_embedded

Mr. Big - Undertow
http://www.youtube.com/watch?v=mHGv5FCS2j8

UDO音楽事務所
http://www.udo.co.jp/Artist/MrBig/index.html
 
 

ゲイリー ムーアの冥福を祈ります

 投稿者:ムーディメール  投稿日:2011年 2月 8日(火)19時47分55秒
返信・引用
  ☆ ミスターMさん
>帰宅後、ブログを拝見してビックリ!、、絶句してしまいました

私も アメンバーさんのブログを見て 最初は信じられませんでした。
リンクの情報も英文で内容がよく分からないので半信半疑でした。
検索を掛けると 某掲示板でも騒いでおり やはり事実なのかとショック!を受けました。
昨年 来日もしており 元気だと思っていましたので
私も絶句してしまいました。
本当に 本当に淋しい限りです。
 

信じられない!

 投稿者:ミスターMメール  投稿日:2011年 2月 8日(火)01時25分31秒
返信・引用
  ムーディさん、コンバンハ

帰宅後、ブログを拝見してビックリ!、、絶句してしまいました
幾らなんでも早すぎる、、

彼はドラッグには、手を出してはいないと思われるので死因が気になりますね
BLUES回帰で良い歳の取り方をしていると思っていた矢先なのに、、

年々、ロック界のビッグネームが欠けて行く度、自分自身の青春が遠ざかって行く様で
寂しい限りですね

RIP・・・
 

謹賀新年

 投稿者:ムーディメール  投稿日:2011年 1月 1日(土)08時24分45秒
返信・引用
  明けまして おめでとうございます。

今年も HR/HMミュージック共々 掲示板もよろしくお願い申し上げます。
 

強気のジョー

 投稿者:ムーディメール  投稿日:2010年11月17日(水)11時16分26秒
返信・引用
  ☆ ミスターMさん
>ジョー自身にとってはRAINBOWでのキャリアは確かに大きなモノだとは思いますが
>彼の活動を見ていると余りにもRAINBOWに固執しすぎている気がします

その件に付きましては ジョーを擁護させてください。
ジョー リン ターナー自身は チャンスがあればリッチー ブラックモアとまた一緒にやりたいとは思っているでしょうし
RAINBOWへの参加が彼の人生を大きく変えたと言っても間違いないと思います。

ただ ジョーは優れたヴォーカリストで非常に働き者です。
いろいろなバンドやプロジェクト 及びソロ作と非常によく働き よく歌っています。
RAINBOW DEEP PARPLE イングヴェイ マルムスティーンのバンド等の一流どころの
経歴がありながら 大物ぶった処がありません。

先日も ヴォイス オブ レインボーLIVEで来日して好評でしたね。
実はソロアルバムも定期的に発表していて BURRN!誌でも高評価をもらっているのですが
なかなか好セールスに結び付いていないというのが実態なのではないかと思います。

で 結局 レインボーソングを歌ってくれと求められればOKするという事で
RAINBOWに拘り過ぎと見られてしまいます。
大きなヒットを生むのは なかなか難しい時代ですね。
 

有難う!

 投稿者:ミスターMメール  投稿日:2010年11月16日(火)22時02分3秒
返信・引用
  ムーディさん、コンバンハ

詳細に、書いて頂き、有難う御座います

息子であるユルゲンとの距離感がどういった状況なのか、測り兼ねていたので
ちょっと興味があったもので

大筋での発言は、ここ最近の発言ともども終始一貫していますね
ジョー リンターナーに対する言葉も、もっともだと思います
ジョー自身にとってはRAINBOWでのキャリアは確かに大きなモノだとは思いますが
彼の活動を見ていると余りにもRAINBOWに固執しすぎている気がします
もっと彼自身のセンスで生み出した音を聞いてみたいですよね

お忙しいところ、本当に有難う御座いました
 

リッチーの言葉

 投稿者:ムーディメール  投稿日:2010年11月16日(火)21時24分58秒
返信・引用
  ☆ ミスターMさん
>B誌のインタヴューでリッチーが「Over The Rainbow」について言及している、
>との話が出ていましたどんな事を言っていたのか・・・


BURRN!誌 2010年12月号P68 リッチー&キャンディスへのインタビュー記事より抜粋


(前略)OVER THE RAINBOW(中略)についてどう思いますか?・・・と云う問い。


R: 実は彼らの事をどう捉えたらいいか分からないんだよ。
彼らの音は聴いていない。
そもそも 私はRAINBOWもDEEP PURPLEも聴かない。
私は、過去に生きるのが嫌いなんだ。
たとえ 昔の中世音楽をやるのが好きだとしてもね。

彼らがああいう事をやっているのは、ちょっと変なんじゃないかな。
バンド名をJOE'S GANGとかにしたらいいんじゃないかな。
ロシアではあのバンドが”RAINBOW”と告知されていたというし。
そう聴くとちょっと悲しいね
でも それはともかく、私はそれでもいいよ。
いまだにジョーが好きだがらね。
彼とはいまだに上手くいっているんだ。
それに 私の息子もあのバンドをやっていることに対して、私の賛同を得ている。
 

なんて、言ってたのかな~?

 投稿者:ミスターMメール  投稿日:2010年11月16日(火)01時00分26秒
返信・引用
  ムーディさん、コンバンハ、深夜に失礼します

某BLACKMORE'S NIGHTのファンサイトの掲示板で、B誌のインタヴューで
リッチーが「Over The Rainbow」について言及している、との話が出ていました
どんな事を言っていたのか、ムーディさんの方で判りますでしょうか?
ギターで参加していた、息子さんの事とか触れているのかな?
出来ましたら教えて頂けると嬉しいのですが。
 

素晴らしいアルバムだね

 投稿者:ムーディメール  投稿日:2010年11月14日(日)07時51分55秒
返信・引用
  ☆ ミスターMさん
>ナイトウィッシュの「ワンス」入手されたのですね

一聴して スグに良いアルバムだと分かりますね。
素晴らしいと感じました。

>ヘルシンキでの、ターヤ在籍最後のライヴ盤を入手されれば、バッチリですね^^

探しておきます。

>私の方は、週末毎に、ホームにしているジャズ喫茶(兼ライブスポット)で、
>ライブを重ね本番にそなえてます

頑張って下さいね!
 

ナイト ウィッシュ

 投稿者:ミスターMメール  投稿日:2010年11月13日(土)20時38分4秒
返信・引用
  ムーディさん コンバンハ、ご無沙汰です

ブログ拝見しました、ナイトウィッシュの「ワンス」入手されたのですね
ターヤ在籍時の3枚のスタジオアルバムは、どれもお勧めなのですが中でも
これは、私の一押しの1枚なので、嬉しく思います

あとは、ヘルシンキでの、ターヤ在籍最後のライヴ盤を入手されれば、バッチリですね^^

私の方は、週末毎に、ホームにしているジャズ喫茶(兼ライブスポット)で、ライブを
重ね本番にそなえてます
ほとんどがアドリブと掛け合いの演奏になるので、き緊張感が、、ハンパナイ(汗
 

レンタル掲示板
/13