teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 動物句会題詠忘年句会会場(254)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. 全力全開(0)
  5. 返信ありがとう(0)
  6. ぽろりっ(0)
  7. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全7)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


雪晴れや鎌倉の町馬車に乗り

 投稿者:ミミ  投稿日:2018年 2月20日(火)08時56分16秒
  お早うございます  
 

雪解や鈴鳴らしゆく三輪車

 投稿者:ラスカル  投稿日:2018年 2月20日(火)07時09分4秒
  おはようございます(^^)  

春浅き朝に笑ふ三輪車

 投稿者:てまり  投稿日:2018年 2月19日(月)21時18分13秒
編集済
  みなさん、こんばんは(⌒・⌒)ゞ

明日は抗がん剤治療の為、家を朝の7時半に出ます。
4月には終わりそうです。
 

春の風邪ピザの配達頼もうか

 投稿者:むめこ  投稿日:2018年 2月19日(月)19時32分49秒
  今晩は!  

春疾風真向ひにしてアスリート

 投稿者:カツオ  投稿日:2018年 2月19日(月)15時15分43秒
  この土日のテレビや新聞はもうオリンピックに席巻されていてすごいことになっている。羽生結弦の金メダルで感涙にむせぶ人の顔も具体的に脳裏をよぎる(!)が、個人的には同じ種目で銀を獲った宇野昌磨という人物に興味を引かれる。NHKの現地スタジオに招かれた際に一橋アナウンサーの質問に彼はこう答えた。「本番に臨むときに、『緊張しちゃいけない』とか『○○しなきゃいけない』ということそのものを自分に課することをやめたんです。その時に感じることをそのまま受け入れようと」

私自身詳しいわけではなくて全くの聞きかじりのレベルなのだが、これは「禅」の境地ではないか。そもそも競技直後のインタビューで「待っている間に他の選手の演技を全部見ていて、何点獲れたら羽生さんを抜けるか考えていた」と答え、解説者が「普通は自分に集中するために他の人の演技なんか観られないはずなのに…」と驚嘆していたのだが、単に「恐いもの知らず」とか「大物」とかということではない、もっと本質的な何かを宇野氏は体現しているように感じる。「正見」という言葉が仏教にあるが、彼のありようはまさにそれではないか(字義を誤解していたらすみません)。「そのメダルを誰にかけてあげたいですか」という記者の愚問に「別に。誰がかけたっていいんですよ」とも答えたそうだが、ほとんど釈尊のようである。

昨夜のスピードスケートの小平の競技後の振舞いもそうであるが、技術とか身体能力とか勝負強さといった次元を超えた、「人としての高み」のようなものを垣間見ることが出来るのも、オリンピックの面白さである。まあ、日本は注目し過ぎだけど・・
 

化粧映えして早春のアスリート

 投稿者:米元ひとみ  投稿日:2018年 2月19日(月)14時09分24秒
編集済
  >きしだえりこ作、かたやまけん絵『どうぶつはいくあそび』

検索してみました。子供の絵は大人には真似のできない魅力的なものですが、その子供の絵を大人が真似できた、、、という味わいの絵ですね。うちの三歳児にも読み聞かせしたくなりました。

>須並一衛は岡山県のハンセン病の療養所長島愛生園に少年期より暮らしており

私は結社に所属していないので、力試しに毎年「岡山県文学選奨」(かなりレベルが高いです)に連作十句応募しています。ここ数年はボツ続きですが、何度か佳作に選んでもらいました。ひょっとしてと思って年譜を見ると、昭和42年度の文学選奨に須並一衛の十句が選ばれていました。(書庫から出してもらって読みたいものです)

大型俳句で検索すると、こんな生命感あふれる秀句が。

爽涼の鵙姿より声荒し   須並一衛

冬萌や海と平らに仔牛の背      須並一衛
 

化粧まえ象眼の櫛朧月

 投稿者:ミミ  投稿日:2018年 2月19日(月)09時14分47秒
  お早うございます   きしだえりこさんは本当の詩人ですね。  

朧夜や机に父の老眼鏡

 投稿者:ラスカル  投稿日:2018年 2月19日(月)06時56分31秒
  おはようございます(^^)  

金継ぎの眼鏡をかけて春帽子

 投稿者:猫髭  投稿日:2018年 2月18日(日)23時11分34秒
  小鳥の話題が続いたので、小鳥俳句の最高傑作を御紹介しよう。

  ころころち
  ぴちくちぺちぽ
  ちてぴるぱ   ぴいこ

  (やく)
  さくらもち
  ひとつあじみをしてみるか

きしだえりこ作、かたやまけん絵『どうぶつはいくあそび』(のら書店1300円、1997年)の「はるのまき」に掲載されている。続編もあるが、この第一作目が秀逸。(*^▽^*)ゞ

>猫髭さんの渋バージョンと勉さんのチョイ派手、明日郵送

はい、楽しみにお待ち申し上げます。写真と実物は色がかなり違うので、届いたら実物に合わせて足袋と雪駄を買います。

写真は「人のいい小父さんみたいに腰をかがめて地面を耕す」ツグミです。(*^▽^*)ゞ
 

金継ぎの景に田楽焼ならぶ

 投稿者:米元ひとみ  投稿日:2018年 2月18日(日)19時11分20秒
  ↓猫髭さんの渋バージョンと勉さんのチョイ派手、明日郵送しますね。  

レンタル掲示板
/1370