投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


バッカスさん、こんばんは~~(^・^)

 投稿者:黒路よしひろ  投稿日:2017年12月12日(火)20時12分7秒
  いや~~、十二月はほんとに時間の経つのがはやいですね^^;
僕も友達に送る年賀状の内容を考え中なのですが、時間だけが過ぎていって何も思いつかないのが困ったところです。

さてさて、そんなお正月の足音も聞こえてきそうなこの頃ですが、病院の消灯時間までにはまだもう少し時間があるので、今夜もまたこちらのみなさんの歌にも感想など書かせてもらいますね。

>馬小屋の藁入れ替える叔父の声もう聞こえない空き地佇む

うんうん、バッカスさんのこの歌も、幼い頃の懐かしい記憶を回顧
する心情が伝わってくるほんとに素敵な雰囲気の一首ですよね。
「もう聞こえない」と言いながらも、今はもう空き地になった土地に佇むとき、バッカスさんの耳にはかつての叔父さんの声がきっと聞こえていて、馬小屋の景色も蘇ってきているのでしょう。

そうですね、そんな今はもう存在しない世界に心を寄せる人間の心情を見事に表現していますし、この歌についてもほんとにこのままで充分素敵に仕上がっていると思いますよ。
単に馬小屋ではなく「藁を入れ替える」との具体的な仕事の動作も入ったことで、歌に個性ある具体性も生まれているようにも思います。
万物は失われることによってはじめてその美しさを人に感じさせるのかも知れませんね。

ただまあ、あえて言うのならせっかくの素敵な雰囲気が結句の詰まった感じで活かし切れていないようには思うので、ここは字余りになっても「空き地に佇む」と助詞をちゃんと入れるかあるいは…

馬小屋の藁入れ替える叔父の声もう聞こえない空き地に今は

うん、たとえばこんな感じとかで倒置の形にしてみてもいいのかも知れませんね^^
「佇む」はもちろん詠み手のバッカスさんが佇んでいる訳ですが、この歌の内容ならわざわざ言わなくても詠み手の立ち位置は見えてくると思いますし、また、「空き地の今は」ではなく「空き地に今は」とすることで言外の感情も込められるようにも思いますので。

でもほんと、現在の空き地と過去の時間の両方を見せてくれる深みのある一首に仕上がっていると思いますので、これもひとつの参考までにと言うことで(笑)

ではでは、十二月になってほんとに忙しない日々が続きますが、バッカスさんもどうぞ風邪など引かないようにお身体に気をつけてお過ごしくださいね~~
今夜もこの辺で♪
 

★お題は『冬』★

 投稿者:黒路よしひろ  投稿日:2017年12月11日(月)00時00分3秒
  ★今回のお題は『冬』、期限は十二月十七日(日)です★

「初冬」「手袋」など、冬という言葉から連想するものなら何でもけっこうです。
お題の言葉を含んでいなくても構いません。

題詠の期間は一つのお題につき二週間です。
みなさんが気持ちよく参加できるよう、どうぞ、ご協力のほどをよろしくお願いしますねm(_ _)m

PS.今回もお題、二巡目です(^・^)
 

みなさん、こんばんは~~(^・^)

 投稿者:黒路よしひろ  投稿日:2017年12月10日(日)19時14分17秒
  みなみさん、沙羅さん、つきかげさん、ありがとうございます。
他のみなさんにも、ご心配をおかけしてます。
おかげさまで体調のほうもよく、昨日、今日と外泊して自宅にも帰ってきました^^
まあ、外泊と言っても親類関係や仕事関係の年賀状を作成するだけで、ほぼすべての時間を使ってしまいましたが(笑)

ちなみにひさしぶりに車の運転もしたのですが、僕が入院してる間に父親が乗ったらしくバンパーは凹んでるわ側面は傷だらけだわ…
もうなにをしてくれてるねんと。
父ももうさすがに歳だし車の運転はやめさせた方がいいかも知れませんね(汗。。
僕のほうは、最初はちょっと足の裏の感覚が麻痺してるので戸惑ってしまいましたが、すぐに慣れてなんとか運転は問題なく出来ました^^

そんなこんなで、年末に向けていろいろと忙しない時期ですが、今年も最後までこの掲示板をよろしくお願いしますね。
ではでは、またみなさんの歌にも少しずつでも感想書かせてもらいますね~~♪
 

お題

 投稿者:さくら  投稿日:2017年12月10日(日)10時53分58秒
  この冬を強く生きよう山茶花のうす紅色のしなやかに咲く  

黒路さま

 投稿者:つきかげ  投稿日:2017年12月 9日(土)19時57分10秒
  ご病気、無事に快方に向かわれているようで安心いたしました。

歌の方ですが、「一番の」は作ったときもちょっとありがちだなと悩んでいた部分
でした。黒路さまの添削案では調べもすっきりするような気がします。いろいろ検討
してみようと思います。

二つ目は自分では恋歌と限定していなかったので、「振り向く」という
発想がありませんでした!(恋歌は詠まない、というか詠めないので)
添削案をみていろいろな状況を詠みこんでみるのも面白いかなと思いました。

久しぶりの投稿にもかかわらず丁寧な添削をしていただいてありがとうございました。
 

お題『冬』

 投稿者:沙羅  投稿日:2017年12月 8日(金)19時27分39秒
編集済
  冬蕗の花つぎつぎと咲きはじめ菊の育たぬ庭を彩る

極月の窓の外には雨の音淡く溶けゆく今年の記憶

交差点の落ち葉が走る極月の風にせかされ爪先立って


黒路さん年末には退院でお正月は自宅で迎えられますね。
その後もリハビリは続くのでしょうが、段々と良くなっていくと思いますので焦らずすこし頑張って。
 

お題

 投稿者:青芽  投稿日:2017年12月 8日(金)12時23分31秒
  かまくらを絵本のみにて知る子らは「たくさん降れ」と空に叫びぬ  

お題

 投稿者:さくら  投稿日:2017年12月 8日(金)07時51分47秒
  冬日さす駅前広場に集いくる老いも若きも鳩も愉しげ  

 投稿者:みなみ  投稿日:2017年12月 7日(木)12時05分9秒
  平成はもうすぐ終わる「冬ソナ」もアナログテレビもセピアの夢に  

お題

 投稿者:青芽  投稿日:2017年12月 7日(木)11時02分40秒
  暖房の部屋で食する冷菓には夏と違ひし味を楽しむ  

お題

 投稿者:夕夏  投稿日:2017年12月 7日(木)06時31分58秒
  ねんとうにおいたしょしんがぼうねんかいでわすれさられるじぇねりっく  

黒路さま

 投稿者:みなみ  投稿日:2017年12月 7日(木)03時49分1秒
  お元気になられてよかったです。東京で慌ただしい生活をしていますが、年末はすることが多くて嫌になり、創作に逃避したくなります。
アップルパイの歌はどうも上手くできなかったのですが、なるほどリズムが悪かったのですね。
二首目は夢の風景を詠んだ歌でした。夢の中で昔暮らしていた懐かしい家を訪ねたら、家は焼け落ちて、瓦礫が転がる空き地になっていたという。読者の方には私が思い描いていることはわかりませんね。そうですね、歌としては捻りが足りませんね。アドバイスありがとうございます。
私には無理と思っていましたが先日、尊敬する歌人の方に選歌をいただき、今年はもうそれだけで満足しています。寒い日が続きますが、お大事になさってください。年末には退院できるとよいですね。本年中はお世話になりました。来年もよろしくお願いします。
 

みなみさん、こんばんは~~(^・^)

 投稿者:黒路よしひろ  投稿日:2017年12月 6日(水)20時47分11秒
  いや~~、十二月に入るとほんとに日にちの経つのが速いですね^^;
年末の退院までにはなんとかもう少し動けるようなりたいと思ってたのですが、時間だけがどんどん過ぎていってなかなか身体のほうの進展がないのがもどかしい限りです。
まあ、あせっても仕方がないのでリハビリをしながらゆっくりと回復を待つしかないですが(笑)

さてさて、そんな師走の病院の夜ですが、消灯までにはまだもう少し時間があるので、今夜もまたこちらのみなさんの歌に感想など書かせてもらいますね。

>魔法使い、お菓子の家の物語はじまる予感アップルパイは

うんうん、みなみさんのこの歌も、読んでいるだけで甘い香りが漂ってきそうなほんとに素敵な一首ですよね。
ファンタスティックでありながら決して子供っぽさを感じさせない部分にも好感が持てますよ。

この上の句は「魔法使いやお菓子の家の物語がはじまる予感…」の意味ですよね。
結句の、昔の俵万智さん風のまとめかたはちょっと古いような気もしますが、これもまあ今となっては逆に新鮮で面白いのかも。

そうですね、そんな口語調の正統派的な作風も落ち着きを感じさせてくれますし、この歌についてもほんとにこのままで充分素敵に仕上がっていると思いますよ。
食べ物からはじまる甘い夢の世界の物語がそこに見えるような一首ですよね。

ただまあ、あえて言うのなら、初句、三句と四句が体言で切れるのはちょっと「調べ(リズム)」が良くないようには感じるので…

夢に見たお菓子の家の物語はじまる予感アップルパイは

うん、たとえばこんな感じでまとめてみるか、あるいは、初句を字余り覚悟で…

魔法使いとお菓子の家の物語はじまる予感アップルパイは

そうですね、こんな感じとかにしたほうが歌に余裕が出ていいのかも知れませんね^^
三、四句が途切れ途切れの「調べ(リズム)」なので、初句を字余りにしても逆にバランスが取れて落ち着くようにも感じますので。
まあ、助詞の省略の感覚については、みなみさんの以前からの課題ですが、このあたりはいろいろな人の歌を読んでいるうちに自然に身につくと思います。

でもほんと、ファンタスティックな世界観が無理なく活かされている魅力ある一首に仕上がっていると思いますので、これもひとつの参考までにと言うことで(笑)



>懐かしい家路をたどり見たものは焼け焦げた瓦礫、夢の燃え滓

こちらの歌は一転して、戦争を思わせるような光景を詠った一首ですが、あるいは震災後の街を詠った歌なのかも知れませんね。
まあ、この歌の内容がすべてみなみさんの見た夢という可能性もありそうですけど…

歌の構成としては一応、四句までがすべて結句を引き出すための序のようにも読めますが、ストレートに瓦礫の中に自身や人々の夢の燃え滓を見たとの意味に取ったほうがいいのかな。
どんな瓦礫にも、人の関わったものである以上、そこにはかつてさまざまな人の夢や生活があったのですよね。

そうですね、そんな崩壊した世界とかつての夢の対比がなんとも切なく迫ってきて魅力的ですし、この歌についてもほんとにこのままで充分素敵に仕上がっていると思いますよ。
その上で、四句目についてはまあこのままでもいいようにも思いますけど、一応定型に収めるのなら…

懐かしい家路をたどり見たものは焦げた瓦礫と夢の燃え滓

うん、こんな感じとかでまとめてみてもいいのかも知れませんね^^
「焦げる」と入れれば「焼ける」は必要ないようにも思いますので。
あるいは、もしもこれが現実の風景でない場合なら…

懐かしい家路をたどり見たものは焦げた樫の木、夢の燃え滓

そうですね、「瓦礫」ではあまりにもそのまま過ぎますし、ここはもう一捻り加えて飛躍の発想でなにかみなみさんだけの特別な夢の「象徴」などを入れてみてもいいのかも。

でもほんと、読み手によってそれぞれに想像の広がる可能性を持った素敵な歌に仕上がっていると思いますので、これもひとつの参考までにと言うことで(笑)

ではでは、師走に入ってなにかと忙しない時期ですが、みなみさんもお身体にはくれぐれも気をつけてお過ごしくださいね~~
今夜もこの辺で♪
 

お題

 投稿者:夕夏  投稿日:2017年12月 6日(水)17時50分6秒
  薄氷ことばにだせばうすらいで文字に託せばうすらひの冬  

すいません(^・^;

 投稿者:黒路よしひろ  投稿日:2017年12月 5日(火)08時22分7秒
  今回のお題を出すのをすっかり忘れていました^^;
入院していると曜日の感覚が鈍ってしまうもので…
今回のお題は「冬」です。
そのまま過ぎる気もしますが、現代短歌にも季節感は大切だと思いますのでみなさんそれぞれ素敵な冬の歌の投稿をぜひよろしくお願いしますね♪
 

★お題は『冬』★

 投稿者:黒路よしひろ  投稿日:2017年12月 5日(火)08時18分37秒
  ★今回のお題は『冬』、期限は十二月十七日(日)です★

「初冬」「手袋」など、冬という言葉から連想するものなら何でもけっこうです。
お題の言葉を含んでいなくても構いません。

題詠の期間は一つのお題につき二週間です。
みなさんが気持ちよく参加できるよう、どうぞご協力のほどをよろしくお願いしますねm(_ _)m

PS.今回もお題、二巡目です(^・^)
 

ハリマオさん、こんにちは~~(^・^)

 投稿者:黒路よしひろ  投稿日:2017年12月 3日(日)15時56分15秒
  いや~~、入院してから今日でちょうどまる二ヶ月になりますが、世間はもうすっかりと冬の装いですね^^
僕の入院している病棟の待合室にも、今日はクリスマスの飾りが登場しました。
大したことではないかも知れませんが、入院していると小さくてもこういう季節感を感じるものが妙に嬉しかったりもします(笑)

さてさて、こちらの掲示板もずいぶん長い間留守にしてしまいましたが、また以前の続きから少しずつでもみなさんの歌の感想など書かせてもらいますね。

>スカイツリー見上げるだけで目がまわる高所恐怖もここまできたか

うんうん、ハリマオさんのこの歌も、東京の新名所のスカイツリー・タワーを詠ってユニークな作風の素敵な一首ですよね。
そうですか、ハリマオさんは高所恐怖症ですか…
僕はまあ、高所恐怖症というほどではないですが、でもやはり高い場所から下をのぞき込むとあまり気持ちのいいものではないですよね^^;

まさに目眩のするような一首…
高所恐怖症も極まれば、この歌のように高い建物を見ただけで目がまわるほどに悪化することもあるのでしょう。
そうですね、そんな新名所のスカイツリーと自身の高所恐怖症を結びつけて詠った発想がユニークですし、この歌についてもほんとにこのままで充分素敵に仕上がっていると思いますよ。

字余りについてはまあ、無理をすれば定型に収められなくもないですが、定型厳守の歌ばかり詠んでいても単調になりますし時にはこういう変化もあってよいかと思います。
ただまあ、初句の助詞は省略するといかにも省略した感が出てしまうように思うので…

スカイツリーを見上げるだけで目がまわる高所恐怖もここまできたか

うん、こんな感じでまとめてみてもいいのではないでしょうか^^
ここはどうせ字余りになりますし、七音のほうが「調べ(リズム)」に余裕が出てよいようにも思いますので。

でもほんと、上から下をのぞき込む感覚が逆転して下から上をのぞき込んでいるような面白さもある素敵な一首だと思いますので、これもひとつの参考までにと言うことで(笑)



>歌舞練場このミスマッチな新鮮に引かれてはいる草間彌生展

うんうん、こちらの歌も、歌舞連場と草間彌生の前衛芸術のミスマッチを新鮮な感性と捉えた、ほんとに魅力ある一首ですよね。
草間彌生(くさまやよい)氏は、過激なパフォーマンスなどで有名な前衛芸術家ですね。

「歌舞連場」は、京都祇園にある「都をどり」の会場としてよく知られる祇園甲部歌舞練場のことで、敷地内にある美術館で草間彌生コレクションを展示した『フォーエバー現代美術館コレクション 草間彌生 My Soul Forever展』が先日まで開催されていたとのこと。
ハリマオさんも、実際にこの美術展に行ってこられたのでしょうか。

そうですね、そんな伝統ある都をどりの舞台と前衛芸術のミスマッチを楽しむ個性的な感性が面白いですし、この歌についてもほんとにこのままで充分素敵に仕上がっていると思いますよ。
京都は伝統を守りながらも常に新しいものを受け入れてきた土地ですが、そんな柔軟さが歌の作者であるハリマオさんからも感じられて素敵ですね。

ただまあ、この歌の場合も字余りは良いとして、やはり初句の助詞の省略はちょっと余裕のなさが読みとれてしまうようにも感じるので…

歌舞練場にこの新鮮なミスマッチ引かれて入る草間彌生展

うん、こんな感じとかでまとめてみたほうが「調べ(リズム)」にもメリハリが出て良いような気もしますが^^
また、初句に助詞を持って来るなら「新鮮な」を二句に持ってきてもいいかも知れませんね。

でもまあ、この歌のように大きく字余りの歌の場合は読み手によっても「調べ(リズム)」感が分かれて来ますし、もとのままでも充分素敵な一首に仕上がっていると思いますので、これもひとつの参考までにと言うことで(笑)

ではでは、今日も病院の外はかなり寒いようですが、ハリマオさんも風邪など引かないようにくれぐれも気をつけてお過ごしくださいね~~
本日はこの辺で♪
 

 投稿者:夕夏  投稿日:2017年12月 3日(日)03時33分5秒
  おもいでのなかにあるにがいけいけんこころのきょうかなどするくすり  

つきかげさん、おひさしぶりです(^・^)

 投稿者:黒路よしひろ  投稿日:2017年12月 1日(金)19時52分32秒
  つきかげさん、おひさしぶりですね^^
お元気にされていたようでなによりです。
かく言う僕のほうは、不養生が祟ってヘルニアの後遺症でいま病院で入院中なのですが(汗。。

ただ、明後日でもう入院二ヶ月目ですし、そろそろリハビリや病院生活にも慣れてきたので、またこちらのみなさんの歌にも少しずつでも感想書かせてもらいますね。
短歌のほうのリハビリも必要ですし(笑)

>一番の薬は言の葉ずたずたの心が叫ぶままに詠おう

うんうん、つきかげさんのこの歌も、現代短歌らしい心の叫びを詠ってほんとに魅力ある一首ですよね。
短歌には心のカタルシス(浄化作用)があるとも言われますが、僕も実際に短歌を詠むことで不安定だった心が落ち着いてくるような経験を何度かしたことがあります。

つきかげさんのこの歌もまさにそんなカタルシスを詠った一首ですが、現代人だからこそのヒリヒリするような辛さがよく現れていますし、この歌についてもほんとにこのままで充分素敵に仕上がっていると思いますよ。
現代人のずたずたに傷ついた心には、その気持ちを素直に暴露できる短歌という詩形がまさに必要なのでしょう。

ただまあ、あえて言うのなら初句の「一番の」はちょっと説明っぽい感じもしなくはないので…

言の葉は魔法の薬ずたずたの心が叫ぶままに詠おう

そうですね、ここはたとえばこんな感じとかでまとめてみるのもひとつの手なのかも知れませんね^^
「一番の」だと、一番目の薬なのか一番良く効く薬なのかも曖昧ですしね。
まあ、「魔法の」というのも常套的ではありますが…

でもほんと、短歌と言葉の魅力を見事に表現した素敵な一首に仕上がっていると思いますので、これもまた推敲されるときのひとつの参考までにと言うことで(笑)



>何よりもあなたの笑みに癒されるどんな薬も敵わぬ力

うんうん、こちらの歌もまさに言の葉と双璧をなす万能薬である「恋の力」を詠ってほんとに素敵な一首ですよね。
僕の入院している病院では看護師さんやリハビリの先生など、綺麗な人が多いので毎日恋に落ちっぱなしですが、そのおかげかなんとかヘルニアの麻痺も日に日に良くなってきています。
まさに恋心は「どんな薬も敵わぬ力」ですね(笑)

そうですね、そんな万能薬である恋の力を、目の前の想い人の笑みを通して詠ったほんとに魅力ある恋歌ですし、この歌についてもほんとにこのままで充分素敵に仕上がっていると思いますよ。
何気ない言葉ですが、「あなたの笑み」というのもやわらかな印象で活きている表現のように思います。

ただまあ、あえて言うのなら、ストレートな恋の想いを表現している分、技巧的な物足りなさを感じなくもないので…

振り向いたあなたの笑みに癒されるどんな薬も敵わぬ力

うん、こんな感じとかでさらに動作を加えて、その瞬間が実際に絵になって見えてくるような場面設定などを入れてみても面白いのかも知れませんね^^
(「どんな薬も敵わぬ力」で「何よりも」は充分表現されていると思いますし…)
こうすることで二人の位置関係なども見えてきて、一首がさらに引き立つようにも思いますので。

でもほんと、つきかげさんらしい素直な表現が魅力の素敵な一首に仕上がっていると思いますので、これもひとつの参考までにと言うことで(笑)

ではでは、今年ももうあとひと月となってしまいましたが、つきかげさんも健康にはくれぐれも気をつけてお過ごしくださいね~~
今夜もこの辺で♪
 

みなさん、こんばんは~~(^・^)

 投稿者:黒路よしひろ  投稿日:2017年12月 1日(金)19時46分10秒
  つばきさん、お見舞いのお言葉ありがとうございます。
いや~~、病院でリハビリに励んでいるうちにいつのまにかもう十二月になってしまいましたね^^;

僕の体調の方もかなり回復してきて、いまではもう杖なしでなんとか歩けるまでになりました。
ただまあ、まだまだ歩く姿はぎこちなくて、走ることも出来ないような状況ではありますが…

一応、入院は今年いっぱいなのですが、完全に麻痺が治まるまでには一年ぐらいかかるかも知れませんね(笑)

短歌活動も入院してからはほとんど休業状態なのですが、先日、外出して家からタブレットなどを持ち出してきたので、そろそろこちらの掲示板などでも活動を再開できればと思ってます。
みなさんにもいろいろとご迷惑やご心配をおかけして申し訳ありませんでした。

ではでは、またリハビリの合間にでもこちらみなさんの歌にも感想など書かせてもらいますね~~
みなさんも、どうぞお身体を大切に♪
 

お題

 投稿者:青芽  投稿日:2017年12月 1日(金)13時00分17秒
  紺絣の筒袖通し毒消しの行商娘アップで去りぬ
 

お題

 投稿者:つばき  投稿日:2017年11月30日(木)22時24分3秒
  毒の花いつか薬となりたくて水仙スズラン清らかに咲く

# 黒路様 リハビリは進んでいますか 焦らずに養生なさってください。 
 

お題

 投稿者:青芽  投稿日:2017年11月29日(水)17時24分3秒
  頭痛には梅干が良い蟀谷に貼りて内職遠き日の母  蟀谷=こめかみ  

お題 おひさしぶりです

 投稿者:つきかげ  投稿日:2017年11月29日(水)16時59分1秒
  一番の薬は言の葉ずたずたの心が叫ぶままに詠おう

何よりもあなたの笑みに癒されるどんな薬も敵わぬ力

かなりのご無沙汰をしております。暇ができたので投稿しに来ました。
最近はややスランプ気味であまり詠めていません…挫折続きなのもあるのかなあ
 

 投稿者:みなみ  投稿日:2017年11月28日(火)17時36分11秒
  ムカムカするときは炭酸水がいい、シュワッと湧き出す青い湖  

 投稿者:みなみ  投稿日:2017年11月28日(火)13時20分51秒
編集済
  毒を消せ 薬だ薬、流し込むゴーヤ料理とフルーツジュース  

(無題)

 投稿者:  投稿日:2017年11月28日(火)11時24分55秒
  薬膳に憧れつつも金がなく医食同源かなわず終い  

お題

 投稿者:さくら  投稿日:2017年11月28日(火)11時14分4秒
  軒下にぶら下げられた薬草の風にゆらゆら謎めいて見ゆ

とろとろと煮詰められゆく毒だみの渋皮色の魔女の手のごと
 

★お題は『薬』★

 投稿者:黒路よしひろ  投稿日:2017年11月27日(月)00時00分2秒
  ★今回のお題は『薬』、期限は十二月三日(日)です★

「薬草」「ロキソニン」など、薬という言葉から連想するものなら何でもけっこうです。
お題の言葉を含んでいなくても構いません。

題詠の期間は一つのお題につき二週間です。
みなさんが気持ちよく参加できるよう、どうぞご協力のほどをよろしくお願いしますねm(_ _)m

PS.今回もお題、二巡目です(^・^)
 

お題

 投稿者:つばき  投稿日:2017年11月26日(日)22時09分31秒
  飲むほどに酔えばピンクに染まる肌人恋しくてモルヒネの如

モルヒネの量は日ごとに増すばかり君の吐息に緑雨降る
 

お題「薬」

 投稿者:六花  投稿日:2017年11月26日(日)12時17分9秒
  嫁した子と取り止めも無く語り合う癒し薬と互みに思う

・・・・と母は思っていますが娘は親孝行しているつもりかもしれません。
母娘でもたまに会うからいいのかもしれません^^
 

お題

 投稿者:青芽  投稿日:2017年11月25日(土)10時47分0秒
  九層倍薬儲かる言ひ伝へいつの世からか語源は何処  

 投稿者:みなみ  投稿日:2017年11月23日(木)22時55分49秒
  薬屋の前に立ってた黄緑のカエルが家にワープした理由(わけ)  

お題

 投稿者:さくら  投稿日:2017年11月23日(木)09時32分6秒
編集済
  孤独なる下宿人らを毒薬でやさしく逝かす老嬢の笑み

   ( 往年のアメリカの映画、毒薬と老嬢を思い出して)
 

薬草

 投稿者:夕夏  投稿日:2017年11月23日(木)06時07分6秒
  ぶけやしきていえんづくりやくそうをうえてあつめてそなえていくさ  

 投稿者:みなみ  投稿日:2017年11月21日(火)22時34分23秒
編集済
  毒林檎をちょっと食べたら癖になり骨溶け出してなくなる私
 

お題

 投稿者:青芽  投稿日:2017年11月21日(火)12時03分0秒
  笑ふこと薬に勝ると友人は落語のテープを置いて帰りぬ  

お題

 投稿者:さくら  投稿日:2017年11月21日(火)09時59分40秒
編集済
  眠れぬと医者にもらいし小麦粉を老女は飲みてやすらかに寝る  

★お題は『薬』★

 投稿者:黒路よしひろ  投稿日:2017年11月20日(月)00時00分2秒
  ★今回のお題は『薬』、期限は十二月三日(日)です★

「薬草」「ロキソニン」など、薬という言葉から連想するものなら何でもけっこうです。
お題の言葉を含んでいなくても構いません。

題詠の期間は一つのお題につき二週間です。
みなさんが気持ちよく参加できるよう、どうぞ、ご協力のほどをよろしくお願いしますねm(_ _)m

PS.今回もお題、二巡目です(^・^)
 

お題

 投稿者:青芽  投稿日:2017年11月18日(土)14時34分32秒
  運動会綱引き競技双方が力出しきり一瞬のすき  

お題「力」

 投稿者:六花  投稿日:2017年11月18日(土)11時49分12秒
  園庭を両手広げて駆けて来る幼な児抱く冬晴れの午後

ママの代わりに孫を迎えに行きました。
来年は入学します。重くなった孫を抱き上げるのは力も要ります(*^_^*)
 

北風力

 投稿者:夕夏  投稿日:2017年11月17日(金)20時49分45秒
  キタカゼカタイヨウハアタタカサミセフリムカセタイトゾオモイ  

お題

 投稿者:さくら  投稿日:2017年11月17日(金)20時19分26秒
  見えねども地殻のひずみ刻々と触れれば落ちる砂の楼閣  

お題

 投稿者:さくら  投稿日:2017年11月14日(火)07時57分11秒
編集済
  引力のなせるわざかな鉢植えの柘榴のひとつ裂けて落ちたり  

お題

 投稿者:つばき  投稿日:2017年11月13日(月)21時23分47秒
  赤門を潜れば深き杜の中時流のあかし安田講堂

当時は、まだ社会主義が残っていたのですね。
若者達の「イデオロギー」の力を感じました。

黒路様の回復を心より祈ります。
 

生命力

 投稿者:  投稿日:2017年11月13日(月)13時08分24秒
  在るままに根付きて生きるただそこに咲いて散りゆく命の力

やがて散る未来に向けて咲く花の力は強く儚きもので
 

お題「力」

 投稿者:六花  投稿日:2017年11月13日(月)10時10分59秒
  黒路さん 日薬りとリハビリでご快癒されること、心よりお祈りしています。

・稀勢の里初日黒星悔しかり脱力せずに今日も応援!

ファンは負けても勝っても応援しています(*^_^*)


 

★お題は『力』★

 投稿者:黒路よしひろ  投稿日:2017年11月13日(月)00時00分3秒
  ★今回のお題は『力』、期限は十一月十九日(日)です★

「魅力」「力士」など、力という言葉から連想するものなら何でもけっこうです。
お題の言葉を含んでいなくても構いません。

題詠の期間は一つのお題につき二週間です。
みなさんが気持ちよく参加できるよう、どうぞ、ご協力のほどをよろしくお願いしますねm(_ _)m

PS.今回もお題、二巡目です(^・^)
 

 投稿者:みなみ  投稿日:2017年11月12日(日)20時37分13秒
  セクハラにパワハラ、マタハラあっち行け、しつこく絡む蠅がうるさい  

お題

 投稿者:さくら  投稿日:2017年11月12日(日)20時18分20秒
  体力もこころも萎える秋冷えに稀勢の里はやくも敗れたり  

/176