新着順:728/8650 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

四首連作

 投稿者:みなみ  投稿日:2017年 4月 7日(金)18時28分6秒
  通報 編集済
  きょう、満開の桜を見て作りました。三首目に「天」を詠みました。読点とスペースの使い分けがよくわかりません。


真昼間に通りがかった桜坂 桜満開ドラマのように

桜坂、桜満開ビルの街、行き交うひとは皆こともなげ

いつもより空が大きく広がって満開に咲く桜のせいで

満開の桜の下にサラリーマン 弁当を食む景色に溶けて


三首目は文語に違和感があったので口語短歌に代えましたが、歌の構造が単純ですね。

歌会で読んだプロの方の歌と自分の歌を比較すると一目瞭然で、プロの方は歌を詠む

視点が違います。奥が深いです。私の歌は情景描写に終わっていますね。
 
》記事一覧表示

新着順:728/8650 《前のページ | 次のページ》
/8650